響きに引きずられて

音の響きによる語感って、ありますよね。それに引きずられて意味を覚え間違うことも。

例えば、このブログでも何度も取り上げている京都弁の「はんなり」は、その柔らかい響きのために物腰の柔らかさを表す単語だと誤解されがちです。

でも、語源は「華なり」であり、上品な派手さ、色使いなどは派手なのに決して下品になっていないことを褒める言葉です。

同じように大阪弁の「ごっつい」を聞いて、他の地方の人は「ごつごつした」というイメージで捉えることが多いみたいです。それは間違いで、本来は「でかい」と同じです。

ただし、「ごっつい高い」(ほんとは「ごっつい」ではなく、連用形のウ音便になって「ごっつう高い」が正しいのですが)のように、「めっちゃ」と同じ強調語として使われることもあります。

very much の much から本来の「多い」という意味が消えてしまっているように、「ごっつい」から「大きい」の意味が落ちて、単なる強調に使われているわけです。

逆に東京の方言で言うと(これも前に書きましたが)、「『すっとこどっこい』って『おっちょこちょい』っていう意味ですか?」と訊かれたことがあります。これなどは本当に単純によく似た響きの単語を対応させただけで、意味を取り違ってしまっています。

私が、「いや、大阪弁に当てはめたら、『すかたん』と『ぼけ』の中間ぐらいかな」と返すと、「えっ、めちゃくちゃキツイ言葉やないですか?」と驚かれてしまいました。

一度身についた語感というのは却々改められないのかもしれません。

そう言えば私も、割合新しい日本語である「がっつり」という表現(元は北海道の方言であったらしいですが)にいまだに馴染めないでいます(この件も前に書きましたが)。

それは小さい頃から「がっぽり」とか「がっちり」とかいう表現に、と言うか音に慣れてきたために、それらと同じように「たっぷり」「しっかり」という意味合いで使われる「がっつり」が何かしっくり来ないのです。

それは根っからの江戸っ子の言う「まっつぐ」が、関西人にとってものすごく気持ち悪いのと同じようなものでしょう。

逆に同じ関西人同士でも「きっちり」を「きっちし」と言われると、私の場合はどうもきっちりとした感じに受け取れなくてコケそうになります。

いずれも単なる経験によるものであり、響きと意味に密接な関係があるとも思えません。でも、例えば和歌にサ行の音を多用して、葉っぱが風にさらさらとそよぐさまを連想させたりするテクニックは昔からあります。

今回は過去に書いた文章の再整理みたいな内容になってしまいました。我々の脳は響きというものに一体どれくらい左右されるのか、というのが最近の私のテーマになっています。

Copyright©yama-a Feb.2016mark

目次へindex 前号へnext 前号へprevious