置き惑わせる白菊の花

「白」は「しろ」ですよね? でも、「白井さん」は「しらいさん」だし、「白石さん」は「しらいしさん」です。

「白」が別の単語とくっつくときは「しら」になるというわけでもなくて、「白身」は「しろみ」で、「白装束」は「しろしょうぞく」で、「紺屋の白袴」は「こうやのしろばかま」です。

これはなんでなんでしょう?

しかも、こういう変化が起こるのはどうやら「白」だけのようで、「黒」が「くら」になったり、「緑」が「みどら」になったりする例は聞いたことがありません。

どうもそういうことに気がついてしまうと、私の好奇心に火がついてしまうようです。しかし、いくら好奇心に火がついても理由が簡単に推測できるようなものではありません。

そういう場合はともかく収集して分類することから始めるしかありません。

「しろ」のケース:
白蟻、白金、白熊、白酒、白装束、白バイ、白黒、白星、白味噌、白目、
「しら」のケース:
白和え、白糸、白魚、白髪、白樺、白河、白木、白菊、白ける、白子、白鷺、白々しい、白子(しらす)、白滝、白玉、白茶ける、白鳥、白波、白羽、白拍子、白焼き、白雪

こうやって眺めると、なんとなく「しら」と読ませる語は、例えば「白菊」や「白鷺」、「白雪」、「白魚のような手」など、詩的で典雅な感じのするものが多いように思います。

あと、動植物の場合も多いようですが、でもアリとクマは「しろ」です。この辺の違いが分かりません。

それから、動詞とくっついたり、あるいは動詞化するような場合は「しら」と読むのかなあという気はします(例えば、「白ける」「白茶ける」「白和え」「白焼き」)。

ただ、どうでしょう、皆さん「白和え」「白焼き」を「しら」と読んでいますか? 最近は「しろあえ」「しろやき」などと言う人も増えており、それを考えると「しら」のほうはどんどん消えて行くのかもしれません。

そんなことを考えていると、ふと他にもこんな風に語尾が変形して他の単語とくっつくものがあるのに気づきました。例えば、

雨=「あま」
雨蛙、雨合羽、雨具、雨雲、雨乞い、雨だれ、雨戸、雨水、雨宿り
上=「うわ」
上顎、上書き、上着、上靴、上滑り、上っ面、上手、上乗せ、上塗り、上履き、上辺、上目遣い
風=「かざ」
風穴、風上、風車、風下、風花、風祭(苗字)、風見鶏、風向き
金=「かな」
金網、金具、金釘、金串、金沢(地名、苗字)、金縛り、金槌、金棒、金物
船=「ふな」
船足、船火事、船底、船大工、船積み、船床、船主、船乗り、船橋(地名、苗字)、船人、船便、船べり、船虫、船酔い

など、調べれば調べるほど出てくるのに驚きます。

でも、これらも、複合語を作る場合は必ず語尾が変化するというものではなく、例えば、「雨上がり」、「雨風」、「金貸し」、「金繰り」、「金回り」など、元の音のままのものもたくさんあります。

ただ「上」を「うえ」と読ませるのは「上下(うえした)」ぐらいしか例がなく、また「風」が「かぜ」のままなのは「風当たり」ぐらいです。さらに「船」が「ふね」のまま何かにくっついている例は却々見つかりません。

そう思って自分の作ったリストをもう一度見回すと、「金」を「かね」と読ませているのはそれが「お金」の意味の時だけで、「金属」の場合は悉く「かな」に変化しているように思います。

やっぱり、くっつく時に人智を超えた何かが起こっているんですね(笑)

「発音しやすくするために変化する」という説もありますが、「かざあな」は確かに「かぜあな」より言いやすいような気もしますが、「風車」はどっちでも変わらない気がして、私はその説に同意できません。

結局のところ、「ことばは理屈通りには変化しない」ということに尽きるのでしょう。それを面白いと感じるか、ややこしいと感じるかは、人それぞれなのでしょうが。

Copyright©yama-a Feb.2016mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious