北京から西東京市まで

ネット上の記事を読んでいたら、ひとつの文の中に「東京」と「北京」が一緒に出てきて、ふと不思議に思いました。

東京がトウキョウなら、同じ論理で読むと北京はホッキョウのはずです。それが何の迷いも違和感もなく私はペキンと読んだのです。トウキョウは日本語読みであるのに対して、ペキンは中国語読み、それもかなりの日本語訛りの中国語です。

多分続けて南京が出てきたら、やっぱり私は全くつっかえることなくナンキンと読むのでしょう。でも、西京漬けはサイキョウヅケなのです(笑)

同じように、境港はサカイミナトと読んで、何食わぬ顔で香港をホンコンと読みます。下手すると桑港(サンフランシスコ)まで読めるかもしれません(笑)

これは何故か?なんてことはわざわざ言うまでもなくて、小さい頃からそう読んできたから、昔からそういう読みに馴染んできたからということでしかありません。

今までにこのエッセイのシリーズで何度か難読漢字を取り上げた時にも書きましたが、人間をニンゲン、時計をトケイ、図書をトショと読めるのもの、何の先入観もない小学生時代に習って、ずっとその読みに慣れてきたからにすぎません。

英語も同じで、two や women、have、are、does などが中学に入って最初の頃に習う単語でなく、例えば高校3年で初めて出てきたなら「この単語はどう発音するんだろう?」(あるいは「何でこんな発音になるんだろ?」)と思うはずです。

ことばって何かにつけてそんなところがあります。

東京が出てきたついでに書きますと、「東京都」はすんなり読めるのに「西東京市」にはちょっと詰まってしまうのも不思議です。

原因のひとつは、前にも書いたように4つの漢字でできた単語は、我々は無意識に2+2に分解してしまう傾向があるからです。西東京市は構造的には珍しく、1+2+1なのです。

さらに、うっかり2+2に分けてしまうと前半は西東となり、これは我々が普段から馴染んでいる東西(トウザイ)という単語の逆順になっているために、なおさら戸惑うのです。

東京都は2+1ですが、これを1+2に分解するとヒガシ・キョウトとなります。

京都の人が「東京都なんかヒガシ・キョウトやないかい」と言ったという話があります。これは単に皮肉が効いているだけではなく、我々の馴染みや思い込みを逆手に取った見事な表現だと思います。

我々は長年親しんできた読み方や物の見方についついひっぱられてしまいます。たまにはそれを疑ってかかるのも良いかもしれません。

Copyright©yama-a Mar.2015mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious