Mr. Lonely & Mr. Postman

その昔、関西ローカルで『クイズ Mr.ロンリー』というテレビ番組がありました。

そのタイトルを耳にした時の上司(と言っても直属の上司ではなく、取締役)が、「ロンリーは形容詞なのだから、ミスター・ロンリー・マンでないとおかしい」と言い張るのを聞いてものすごくびっくりした記憶があります。

確かに中学で習う英語の文法としては誤りかもしれません(一般的な英語としては全然おかしくないですが)。しかし、これは、おかしいとかおかしくないとかではなく、ほとんどの人に耳馴染みのある表現だ、と私は思っていたのでした。

言うまでもなく『クイズ Mr.ロンリー』というタイトルは、ボビー・ヴィントンによる 1964年の全米ナンバー1ヒット『ミスター・ロンリー』から採られています。

1964年なので、私にとってはヒットと同時にではなく後から聞き覚えたスタンダード曲です。むしろこの上司こそ知っていてしかるべき年代だと思うのですが、この人はポップスを聴かずに育ったのでしょうか?

ボビー・ヴィントンは知らなくても、世代的には『ジェットストリーム』のオープニング・テーマとして知っていても不思議ではないのですが…。

私は米英のポップスから英語をたくさん学びました。「中学英語として誤り」の例としては、ビートルズ解散後のリンゴ・スターの曲に It Don't Come Easy というのがあって、私はなんで It Doesn't じゃないんだ?と首を傾げました。

そういう俗語の例としては中学では全く教えてもらえない ain't という表現があります。これは am, are, is, have などの打ち消しとして万能的に使える表現で、歌詞にはやたらと出てきます。

サンタナの『孤独のリズム』(ひねった邦題です。原題は No One To Depend On)の冒頭の歌詞は I ain't got nobody, no one to depend on でした。

アメリカ英語でそんな風に、現在完了的なニュアンスをほぼ失って、have や got と同じ意味で使われる have got ('ve got)も、学校では全然教えてくれませんでした。ヒット曲を通じて憶えた表現です。

キャロル・キングの You've Got a Friend は「あなたは今友だちを得たところだ」ではなく、「あなたには過去に友だちができて、その結果今でも友だちである」というような七面倒臭い表現でもなく、単に「あなたには友だちがいる」、つまり、You have a friend と同じなのです。

got to が gotta になるというのも歌で知りました。You've gotta go = You have to go、つまり、have got が一般動詞 have の代わりになるだけに留まらず、must の意味の have to が have got to になるのです。俗語のほうが長いって不思議でした。

長くならないためか、そこから have が抜け落ちて got to (gotta) だけでも have to の意味になります。ローリング・ストーンズの You Gotta Move はその例です。神様が思し召す時期が来たら、我々は天国に行かなきゃならんのです(Oh when the Lord get ready, you gotta move)。

こんな風に私は歌でいろんな表現を憶えました。


高校の英文解釈の授業で(何しろ大昔なものですから、私の記憶がどれだけ正確か自信はありませんが)all the money I have to give みたいな一節が出てきました。

生徒はこれを「私が差し出さなければならない全てのお金」と訳したのですが、先生はそれを誤訳だと言いました。

上の例では言うまでもなく money の後に関係代名詞 that (あるいは which)が省略されているのですが、all the money に掛かる節は I have to give ではなく I have なのです。

have と to はたまたま繋がっているだけで、must の意味ではありません。つまり、「私」は別にお金を「差し出さなければならない」わけではないのです。

to give は目的を表す不定詞で、all the money I have to give は「私が差し出すべく持っている全てのお金」「差し出すために保持している全額」なのです。

もちろん、持っていなければ差し出せないわけですから、ここでの I have にはそれほど大きな意味合いはなく、「あげようと思っているお金」程度の意味なのですが、口調が良いのでこういう表現はよく使われます。

その授業を受けたちょうど同じ頃に流行っていたカーペンターズの I Won't Last a Day Without You(邦題『愛は夢の中に』)の中に I can take all the madness the world has to give というのを見つけて、私は「ははあ、これか!」と膝を打ちました。

そんな風にして、私の日々の暮らしの中で、アメリカン・ポップスと英語の授業はあっちからこっち、こっちからあっちへと何度も行き来をしていました。みんなそうだったのではないかなと思います(上記の上司以外はw)。

カーペンターズと言えば、(私はこの HP で何度か書いていますが)つかこうへいの戯曲のタイトル『郵便屋さんちょっと』が Please Mr. Postman を訳したものであることは有名ですよね。

つかさんの世代なら多分カーペンターズではなくて、その12年前のビートルズか、あるいはさらに2年前のマーヴェレッツのオリジナルを聴いていたのかもしれません。

でも、アメリカン・ポップスは世代を超えて、常に私たちの英語教師でした。

Copyright©yama-a Mar.2016mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious