特定の文脈でしか

昨年台湾に行った時に書いた文章で、「女装」と書いてあるからてっきり男性が女の恰好をすることかと思ったら、「婦人服」の意味だったので驚いたという話を書きました。

これは私が日本での「女装」という言葉の使い方に慣れてしまって、「女装」という言葉は男性が主語の時にしか使わないものだと思い込んでいたせいです。ところが台湾では(考えて見れば当たり前ですが)女性の装いのことを指していたわけです。

日本では女性が女性の恰好をすることを「女装」とは決して言いません。そして、台湾では恐らく「女装」が男性用の婦人服を指すこともあまりないのではないかと思います。

このように言葉というものは、ある特定のシチュエーション、特定の文脈、特定の条件下でしか使われないことがよくあります。文字面から想像するよりも、意味するところはもっと限定的であったりするのです。

例えば、「立ち小便」というのは立って小便をすることかと言えば、必ずしもそうではありません。男性がトイレで立って小用を足すことは「立ち小便」とは言わないのです。

トイレではないところで小便をすることが立ち小便なのです。字面の見た目とは違って、言葉がこういう特定の場面を指すのって面白いと思いませんか?

さらにもっと言うと、立ち小便という言葉は今では男性にしか使われませんが、歴史的には女性にしか使われない言葉だったそうです。

着物を着た女性が外で用を足そうとする場合、こっちを向いてしゃがむと丸見えですので、向こうを向いてしゃがむのですが、それでも着物の裾をまくってしまうと、やはりお尻が丸出しになるのです。

では、屋外で用を足している時に、恥ずかしいところが全く見えないようにするにはどうしたら良いか?

──それは林などを背にして、こちらを向いて足を開いて立ち、着物の後ろ側だけをまくり上げ、上半身を前方に屈めてお尻を後方に突き出し、着物が濡れないようにおしっこを後方に飛ばすことです。

昔は女性たちはそうやって道端で小用を足していたらしいということが、江戸時代の文書に残っているのだそうです。『男はつらいよ』の寅さんの口上にも「粋な姉ちゃん立ち小便」という一節があります。

昔は女性の外での小用が「立ち小便」と言われていたのに、今では男女が逆になり、しかし「外での小用」という場面だけはそのまま残っているのです。

別の例を挙げましょう。「パンチラ」という言葉があります。言うまでもなくパンツがちらっと見えることですが。これはおっさんのパンツの場合には使われません。

また、女性が着用した状態で見えるのでなければ、つまり、洗濯物干しに掛けてあるのがちらっと見えるとか、下着売り場に展示してあるのがちらっと見えるとかいう場合にはやっぱり使わない表現なのです。

男装/女装というところからネタはどんどん下半身に降りて行ってしまいましたが、一旦そういう観点から離れると、「ポイ捨て」という言葉があります。これは一見「ポイッと捨てること」の意味のように思われるかもしれませんが、そうではありません。

ポイッと捨てても捨てた先がゴミ箱である場合は、決して「ポイ捨て」とは言わないのです。

ゴミ箱でもないところにポイッと捨ててしまう不道徳な行為を指すのが「ポイ捨て」なのです。あるいはゴミでもないものをポイッと捨ててしまうのも「ポイ捨て」で、その共通点は不道徳な感じです。

だから、愛する振りをして相手の女(男)からうまい汁を吸い、挙句の果てにポイッと捨ててしまうのもポイ捨てと言って良いのでしょう。あ、また男女の下世話な話に戻ってしまいましたね(笑)

他にも探せば似たような実例は山ほど出てくると思いますが、下世話な例ばかりなのは私の品性の卑しさによるものなのでしょう。私は特定の文脈でしかお呼びのかからない書き手なのかもしれません(笑)

Copyright©yama-a Apr.2016mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious