予測変換の予測不可能

世の中に予測変換というものが出てきたのはいつごろだったでしょうか? 少なくともワープロの時代にはありませんでした。

我々ワープロの時代から IME なるもの(当時は FEP = Front End Prosessor などとも言われました)を使ってきた者からすると、単語ではなく文節ごとに変換できるようになっただけでも偉大な進化に感じたくらいで、これが出てきた時にはまさに歓喜しました。

なにしろ「おはよ」まで打ったら、「あなたの書こうとしているのはこういうことですか?」みたいな感じで「おはようございます」という候補が現れるのです。まるで気の利いた秘書みたいなものではないですか(若い人は何を大げさな、と思うかもしれませんがw)。

この機能は PC やスマホの中に入っている IME が単独で行っていることもありますが、ネット上のサーバと連携することによって、ブラウザの検索窓に入力すると先取りして候補が現れるような場合もあります。

後者は AJAX(= Asynchronous JavaScript And XML)という技術が登場して初めて実現した仕組みです。

ホームページというものは本来はユーザが要求した画面を表示して一旦終わりだったのですが、そのページを表示したまま少し双方向的なやりとりができるようになったのです。

そういうことも、この予測変換が一気に広がった理由だと思います。

しかし、この予測変換が登場して、さらにスマホという、PC のキーボードと比べると少し操作性の劣る小さな画面でこれが活躍するようになると、これはこれで却って新たな問題を孕んできたのも確かです。

それは何かと言うと、勝手に余計な予測ばっかりされて、自分の求める変換候補が却々出てこないということです。ま、それは私が iPhone では「Y!キーボード」という、操作性は悪くないけれどあまり賢くない IME を使っているということも多分にあるのですが(ちなみに、PC には「Google日本語入力」を入れています)。

例えばスマホのキーボードで「時は戦乱の世」と書こうとします。

「ときはせんらんのよ」で一発変換してくれれば良いのですが、してくれないので(あるいは、一気に変換するのは多分無理だろうと判断して)とりあえず「時は戦乱の」まで変換して、続けて「よ」と打ちます。

そうすると「良いのだが」だの「予測」だの「よろしくお願いします」だの「ようやく」だのと、過去に自分が打った文章の中から山ほど変換候補を引っ張り出してくれるのですが、肝心の「世」は却々出てきません。

単漢字は特に出てきません。イライラしながらずっとスクロールしてみると、変換候補の最後のところに漢字1字がずらずらと並んでいるではないですか。

しかし、いくらよく使うからと言って、「よ」と打つだけで「よく使う」と変換されることを私たちは期待してはいないはずです。せいぜい「よくつ」辺りで候補に出てきてくれれば充分だと思うのです。

また、「こうべ」と打つと、「神戸市」、「神戸港」、「神戸駅」などが上に出てきて、肝心の「神戸」は変換候補の下のほうまで探しに行かないと出てきません。こういうのは余計なお世話の最たるものではないでしょうか?

「こうべ」と打っているのですから、まず読みがそのまま「こうべ」である候補を出すべきではないですか? だから「頭」が先に出てくるのは許します。でも、いくらなんでも「神戸淡路鳴門自動車道」よりも「神戸」のほうが下というのは如何なものかと思うのです。

で、話は元に戻って、なんとか「世」を変換して「時は戦乱の世」という文を完成させて続きを打っていると、次に例えば「欲望」と書こうとして「よ」と打ち込んだ途端に今度は「世」が候補に出てきます。

これまた余計な動きです。そう、言うなれば「よ」は「余計」の「よ」なのです。いや、「予測不能」の「よ」なのかもしれません(笑)

ま、ATOK だったらもっと賢いのかもしれませんけどね。ATOK ユーザの皆さん、如何ですか? もし「そんなこと全然ないよ」と言われるのであれば、即刻乗り換えたいと思います(笑)

Copyright©yama-a May.2016mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious