ひどいね

アカウントをお持ちの方なら既にご承知のことかと思いますが、facebook の「いいね!」ボタンが今年から6種類に増えています。

従来の「いいね!」に「超いいね!」「うけるね」「すごいね」「悲しいね」「ひどいね」が加わりました。

「いいね!」が Like! の訳であることは割合有名ですが、新しく加わった5つのエモーショナル・ボタンの英語表記はそれぞれ Love, Haha, Wow, Sad, Angry です。

また、これもご存じの方もおられるとおもいますが、関西弁バージョンなども用意されているとのこと。例えば「いいね!」が「ええやん!」となるなど、遊び心旺盛です。

さて、開始から5ヶ月ほど過ぎて、既に私は全てのボタンをクリックしました。

で、実際にいろいろ押してみて、意外に難しいなと思ったのが「ひどいね」でした。

書き手の悲しい話や気の毒な記事に共感した時に「いいね!」とは言いにくいというようなこともあって多様なボタンが開発されたと聞いていますが、ではそんなときに脳天気に「ひどいね」が押せるかというと必ずしもそうではないのです。

そもそも「いいね!」も何が良いのか主語がはっきりせず、記事全体が良いと思ったのか、どこか一部分が良いと思ったのかが明確ではありません。それでもまあなんとか大丈夫なのは、「いいね!」と言われて気を悪くする人はいないからです。

その点「ひどいね」は否定的な意味合いの言葉なので要注意です。

あなたが書いているとおり、確かにそれはひどい話ですね

と書き手に対して同意を示しているのか、

あなたが書いていることはひどいですね

と書き手に異議を唱えたり、あるいは、意味としては同じですが訴える相手が違って、

おーい、みんな、ここにこんなひどいこと書いている奴がいるぞ

と、他の読者に対して書き手を晒し者にしようとしているのか、文字面だけでは判断しにくいのです。

これは日本語特有のものではなく、恐らく英語でも Angry と言われただけでは一体何(誰)に怒っているのかは不明確で、「お前と同じように俺も怒っている」のか「お前に対して怒っている」のかじっくりと見極める必要があると思います。

また、書き手が自分の考えや経験を語っている場合は、「ひどいね」の意味するところも比較的読み取りやすいのですが、書き手が何かを引用してそれを批判しているような記事の場合はもっと複雑になります。

コメントを書いてくれた人は、果たして「あなたの言うとおりそれはひどいね」と言いたいのか、「あなたが批判しているのはひどいね」と言いたいのか、それを読み取るのがだんだん難しくなるのです。

以前の「いいね!」ボタンひとつだけの頃は、「あなたの言うとおりそれはひどいね」と思った時は何の迷いもなく「いいね!」ボタンを押していたはずですが、「ひどいね」という否定的なボタンができてしまった今は、逆に否定的な内容に肯定的な「いいね!」を押しにくくなってしまったのです。

そういう意味では「いいね!」よりも Like! のほうが押しにくい局面は多いだろうと思います。良し悪しを客観的に判断したのではなく、自分がそれを好きだと宣言するわけですから、言った方も言われた方も、人格に関わる結構重い問題になってきます。

そういうこともあって、Like! ひとつしかない場合の語弊を避けるために、ボタンのバラエティが増えたことには理解を示しますが、しかし、日本語と英語の微妙な違いというものがここで問題になるのです。

英語では疑問文に対して、自分の答えが肯定文なら常に yes、否定文なら常に no と答えます。聞き方が肯定疑問文か否定疑問文かは関係がありません。

しかし、日本語では質問が肯定か否定かに関わらず、また自分の回答が肯定か否定かにも関係なく、相手に同意を示したい場合は常に「はい」、打ち消したい場合は常に「いいえ」と答えます。

そういう感覚の延長線上で、相手の書いていることが何かを褒めている場合でも貶している場合でも、愉しい体験でも辛い体験でも、とにかく相手に対する共感を示したい場合はいつも「いいね!」で済んだように思います。

つまり、LIke! 以上に「いいね!」は共感表現として万能だったのではないでしょうか。「ひどいね」ができたことが却ってボタンの選び方を難しくしたような気がします。

like! を「いいね!」としたのは天才的に見事な意訳だと思います。初めてそれを知った時、私は思わず唸ったぐらいです。

その折角の名訳が、新しいボタンのバリエーションの登場によって、少し霞んでしまったような気がして残念に思うのは私だけでしょうか?

いいね?
ひどいね?

Copyright©yama-a May.2016mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious