慇懃無礼と敬語

以前このシリーズで敬語について取り上げた時に、「敬語が廃れるのは人を敬う気持ちがなくなったからではない」「そもそも人を尊敬するから敬語を使うのではない」「敬語は単に人間関係を円滑に運営するための技術である」などと書きました。

「表面の言葉を整えるよりも前に、まず人を尊敬する気持ちを養おう」というような考え方に私は反対です。敬語という形から入って行けば人間関係は円満に進み、うまく行けばそこで人を敬う気持ちや習慣が自然と培われる、というのが私の持論なのです。

で、もしもそれが正しいとすれば、慇懃無礼というのは非常にレベルの高いテクニックであるということに気づきました。

皮肉や当てこすりとは少し違います。皮肉や当てこすりは、表面的には褒めているようなことを言いながら、その前後の文脈や話者の表情などを見ると裏腹な意味に使われていることがすぐに分かります。

むしろ、その裏腹な意味を伝えるべくして言い放つのが皮肉であり、当てこすりです。

ところが慇懃無礼というのは、前後の文脈と見比べてみてもどこにも齟齬のない内容なのであって、態度や表情なども非の打ち所がなく慇懃なのですが、心の奥底で相手を軽く見ているわけで、そのことを伝えるともなくそこはかと匂わせるのが慇懃無礼です。

これはある意味、相手を蔑む気持ちを隠して敬語を使うよりも遥かに難しいことなのではないでしょうか?

私がもしも日本語学校を経営するなら、卒業検定には慇懃無礼に振る舞えるかどうかのテストを設定したいと思います。

ただ、慇懃無礼というのは本来やろうと思ってやるものではなく、慇懃に接しているつもりでも、心の中で相手を下に(あるいは、軽く)見ていることがどうしても滲み出してしまうということです。謂わば形式で消し去ろうとして消しきれていない状態。

それに対して敬語は、心中の思いを形式で隠すのではなく、気持ちの如何に関係なく、まず言葉遣いという形から入って、まず形を伝えることで、(そこに生まれるかもしれない)お互いの反感をおさめようというものです。

その違いが解れば敬語をうまく使えるようになるのではないかと思います。

いや、いくら形を整えても慇懃無礼になって現れてしまうのであれば仕方がないではないか、と思うかもしれませんが、そうではないと私は思うのです。

形から入って、まず形を相手に伝えるのが敬語だとすれば、相手の形だけを受け取って、奥深いところにあるかもしれない闇を勘繰らずに受け流すことができるのが敬語の(敬語を受ける側の)極意ではないかと思うのです。

そんなことを考えていると、ひょっとしたら敬語の達人には慇懃無礼は通じないのではないかという気がしてきました。

時々相手の慇懃無礼を嗅ぎとって腹を立てている私は、まだまだちゃんと敬語が使えていないのかもしれません。

Copyright©yama-a Jun.2016mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious