マジで?

近年では「ほんとに?」と言うべきところで「マジで?」という表現がよく使われます。最初はあまりに乱発されると少し気になりましたが、今では完全に定着してしまいましたね。

わざわざ書くまでもないですが、この「マジ」は「真面目」の短縮形です。

で、「マジで?」という表現が、それまでの「ほんとに?」という確認方法と若干趣が異なるのは、「マジで?」はその事柄の真偽を直接問うのではなく、言っている人間の意図を問うているのです。

「じゃあ、明日行こうか?」
「明日は定休日だよ」
「え? マジで?」

というやり取りを例に取ると、この発言者は直接的には明日が定休日であるという命題が事実かどうかを問うているのではなく、そう言っている相手に対して、「冗談で言ってないよね? からかってないよね? 真面目に言ってる?」と訊いているのです。

この「マジで?」の使われ方から分かるように、最近の若者は、客観的な事実よりも、まず、喋っている相手の気持ちを量ろうとするのです。それを「優しい」と感じるか「ヤワだ」と非難するかは別として。

さらに、「マジで?」という言葉の構造についても考えてみましょう。

「マジ」が「真面目」であれば、どうして「マジに?」ではなく「マジで?」となるのでしょう?

「真面目」は名詞ですが、「真面目だ」は形容動詞です。この形容動詞は「真面目だろ(う)・真面目だっ(た)・真面目で/真面目に/真面目だ/真面目な/真面目なら」と活用します。

本来であれば短縮形である「マジだ」も同じように活用するはずで、「真面目に言ってる?」の意味なら「マジに?」となるはずですが、ここでは形容動詞「マジだ」を活用させるのではなく、名詞「マジ」+格助詞「で」という組合せにして逃げているのです。

何故そんなことをするかと言うと、助詞は活用しませんから後に何が続くか考えずに済むからです。「マジな」か「マジに」かなどと考えずに、いつも名詞+「で」で済む万能の形なのです。

ここから分かるように、最近の若者はすぐに手頃な汎用の解決策を求めます。本当にそんなものがあるかどうかは別として。とにかく安易なほうへ安易な方へ流れて行くのです。

さて、ここまでお読みになって、どうですか? 面白いですか? 面白いと思っていただけたのであれば嬉しいですが、もしもそこを通りすぎて「なるほど」と感心してしまった方があったら、少し要注意です。

私は上のような論じ方はインチキだと思っています。「マジで?」というたったひとつの表現から若者の内面や行動パタン全般を解明しようなんてできるはずがありません。無茶苦茶なこじつけだと思います。

これが他の論拠から若者の傾向を論じ、その論を補強する意味で上のような分析を例示するのであればまだ良いでしょう。でも、たったひとつの例から結論を見つけようとするのは危ない行為です。

どうしてもこういう言葉の分析という手法で若者気質をあぶり出そうとするのであれば、「マジで?」だけではなく、数十、数百の分析を重ねた上で、その共通点から推論して行くべきではないでしょうか?

「マジで?」だけで論ずるのはあまりに早計なのです。

それに上の文章は、書き出しは「最近一般に定着した表現」としているのに、それをいつの間にか「若者に特徴的な振る舞い」にすり替え若者論に持って行っているのです。

こういうインチキな言説は結構世間で幅を利かせていたりするものです。私も時々そういう文章にぶつかって、危うく騙されそうになることがあります。で、自分でもちょっと書いてみようと思って書いてみたのが上記の文章です。読者の皆さんを試すような形になってごめんなさい。あくまで遊びだと大目に見てください。

でも、これだけは憶えておく必要があると思います。面白いかどうかと論理的かどうかは違うのだ、ということを。聞いた瞬間は面白くても、もう一度自分で考えなおしてみるべきことはたくさんあるということを。

面白い話をする人に騙されないようにしましょう。マジで。

Copyright©yama-a Jul.2016mark

[ ちなみに「マジ」という表現については過去にこんな文章を書いています。]

[arrow このテーマの続編を読む]

目次へindex 次号へnext 前号へprevious