知ってしまうと気になり始める

知ってしまうと気になり始めることってありませんか? 例えば他人の言葉遣いの間違いとか。

私自身の例で言うと、お恥ずかしい話、若いころ私は「思惑」を結構長いこと「しわく」と読んでいたのです。ところが、ある日「おもわく」と読むのだと知って以来、同じ間違いをしている人を見つけると気になって気になって、居ても立ってもいられなくなりました。

で、実際にそういう人がいたのです。私は放送局に勤めていますが、営業時代につきあいのあった某大手広告代理店の某氏です。

某大手スポンサーの担当営業部に所属する優秀な営業マンでしたが、彼はしょっちゅう「スポンサーにはスポンサーのしわくがあるからさあ」、「何を考えてんのか、そのしわくをつきとめないと」などと「しわく」を連発するので、私は大いに困惑したのでした。

彼は私より年長で、営業マンとしては遥かに先輩だった、ということもありましたが、それよりも自分も間違えていたということがなんか引っ掛かって、教えてあげたいけど教えてあげにくいような、何とも言えない居心地の悪い思いをしたものです。

人は必ずと言って良いほど、何かしら言葉を憶え間違えているものです。

間違いとまで言って良いかどうかは分かりませんが、慣用読みというのがあります。本当は間違えているのだけれど、みんながそう読むからそれがまかり通っているというやつです。

例えば「矜持」は「きょうじ」と読むのが正しくて、「きんじ」と読むのは本来的には正しくありません(慣用読みです)。

そういうのはどちらで読んでも、まあ、必ずしも“間違い”ではないとも言えるのですが、そう知ってしまうと、「きんじ」と読んでいる人に出くわすとものすごく気になります。

もっと苦しい例を挙げましょう(笑)

「捏造」は一般に「ねつぞう」ですが、実はこれは慣用読みで、正しくは「でつぞう」と読みます。

このことを中学生にして知ってしまった私は、暫く「でつぞう」と言っていたのですが、「捏造」という言葉自体を知らない同級生にはどちらでも良いにしても、その言葉を知っている大人には「読み方間違えてやがるw」と思われるのではないかと不意に気になってきたのです(笑)

結局、正しく読んでいるのに間違えていると思われる屈辱感に耐え切れず、自分も慣用読みで通すことにしました。なんという腰砕けでしょう(笑)

さて、言葉の間違いは読み方だけではありません、意味を間違えて憶えているというのもよくあることです。

例えば、私たちの会社の事例でよくあるのは「弱冠」を単に「若い」という意味で使ってしまっているケース。

確かに「弱冠」は若いという意味を表す言葉ではありますが、歴史的にこの形容は「20歳」の「男子」にしか使えない表現であって、「弱冠17歳の少女」などと言うのは二重の間違いなのです。

これも間違って使っているのを耳にすると大変気になります。

そして、私が今気になって気になって仕方がない表現が2つあります。

ひとつは「妙齢」。

これ、世間では、中年の美女などを指して「妙齢のご婦人が」などとよく言っていませんか? でも、辞書を引くとこれは「若い」という意味なんですよね(そして、女性にしか使えない表現です)。

綺麗な人でも(いや、美醜に係わらずw)40代や50代に使う表現ではありません。

私は自分の知っている女性が「妙齢の美女」などと形容されているのを聞くと、「ええ、彼女若いですかぁ?」とツッコみたくてうずうずしてしまいます。でも、そこに突っ込むと、なんかその女性自体を否定しているみたいで、ちょっと言いにくのです。

それからもうひとつは「破天荒」。

これは大抵、「型破り」、いや、どっちかと言うと「ハチャメチャな」という意味で使われていませんか?

でも、本当は「前人のなしえなかったことを初めてする」という意味なんです。「破天荒な大事業」などと使うのです。

我々がよく耳にするのは「破天荒な人物」という言い方で、ちょっと社会の枠組みから外れてしまっている点は問題だけれど、結局その実力に脱帽する──というような意味になっています。

でも、本来は「前代未聞」や「未曾有」と同じくもっとシンプルでストレートな言葉であり、ストレートに褒め称えるときに使う表現なのです。

どうです? これを読んだらいろんなことが気になってくるはず。

まず、自分はじゃあ今後「妙齢」や「破天荒」を本来の正しい意味で使うのかどうか(他人からは使い方が間違っていると思われるかも)。

そして、間違った使い方をしている人に教えてあげるかどうか? 教えてあげると、「みんなそういう意味で使ってるじゃないか!」と逆ギレされるかも。

そう、そして、そうやって慣用的に使われ始めると、いつの日にかそれが正しい意味に転じたりもするから厄介なのです。

さて、あなたはどうしますか? えらいもん読んでしまいましたね(笑)

Copyright©yama-a Jul.2016mark

目次へindex 次号へnexts 前号へprevious