死語分析【電化製品編】

以前死語について書いたことがあります。あの時は服飾編でしたが、今回はその第2弾として電化製品編を物してみたいと思います。

我々の年代がよく言ってしまうクーラーという表現はすでにほとんど死語になったような気がします。最近はもっぱらエアコンと言われますからね。

今でこそクーラーだけがかろうじて生き残っている感じですが、我々が子供の頃にはルーム・クーラーという“正式名称”も罷り通っていました。

これなぞは紛れもない和製英語で、そもそも cool は基本的に形容詞だから、-er をつけても「〜するもの」にはならず、比較級の「より涼しい」になってしまうのではないでしょうか。

しかし、それと似通った構造の表現である野球用語のベンチ・ウォーマーは米語として存在するのです。

調べてみると、warm に「温める」という動詞があるのと同様に、cool には「冷ます」という動詞があります。そう言えば cool down なんて言いますもんね。でも、米国ではルーム・クーラーとは言わないし、クーラー・ボックスとも言いません。

以前、わざわざ接頭語に「電気」を付けると笑いを誘うというようなことを書きました。例えば「扇風機」で良いのにことさら「電気扇風機」と言ってみるなど。

電気が普及するに従って、最初は珍しくて「電気」と付けていたものが、当たり前になりすぎちゃったんでしょうね。

今ではかなりの「電気◯◯」的表現が死語です。

ただ、電気洗濯機や電気冷蔵庫というのは言葉の成り立ちとしてそれほど面白いものではありません。それらの「電気」は洗濯機や冷蔵庫の動力源を示すものに過ぎないからです。

もうちょっと解りやすい例を出すと、「電気炊飯器」では面白くないんですね。「炊飯器」には電気を使うものとガスを使うものがあって、それぞれ「電気炊飯器」「ガス炊飯器」と言うだけのことですから。

ところがこれが「電気釜」になると途端に面白くなります。この表現には、ご飯は火力を調節しながらお釜で炊くのが当たり前だったのが、電気が勝手にやってくれるようになった!という驚きが感じられませんか?

―この時代錯誤的な面白さこそが死語が死語たりうるパワーなんですよね(笑) 明治初期に「万年筆」のことを「毛無し筆」と言ったようなお茶目さがあります(しかし、考えてみれば fountain pen = 泉のようにインクが湧いて出るペンを「万年筆」とした意訳も秀逸です)。

同じような死語に「電気カミソリ」があります。これも今ではシェーバーと言うほうが当たり前です。昔は顔に石鹸つけてカミソリで剃ってたのに、電気が髭を剃ってくれちゃう時代になったのです(笑)

で、電気釜と言えば、電子ジャーというのもありましたが、これはまだ言うんでしょうかね? と言うか、まだ使っている家庭は多いのでしょうか? 我が家では余ったご飯を冷凍するようになって以来、ご飯を保温しておくという習慣がなくなってしまいました。

習慣がなくなると死語になるというのもひとつの死語フラグの立ち方なんでしょうね。

以前「電子」と「電気」の違いについても書きましたが、「電子ジャー」と同じく「電子メール」という言い方も廃れて来ました。

今では「メール」と言えば PC や携帯で書き送るものですが、かつてはもっぱら紙に書いて投函するものを言いました。だから、区別するために、あるいは発明の偉大さを称えるために(違うかw)わざわざ「電子」と付けたのです。

それがいつの間にか「eメール」という言い方のほうが普通になってきて、今では単に「メール」と言われるほうが当たり前になってきました。 「電気」、「電子」と来たのでもう一つ、「電信」は如何でしょう?

「電信柱」ってあんまり言わなくなりましたよね。そもそも電線の地中化が進んで電信柱が消えて行っていることにも原因があります。だから「電柱」という表現も消えつつあります。

でも、もう一つ他の言い方ご存知ありませんか? 私の祖母の世代がよく言っていた「電信棒」。「柱」と「棒」だけの違いなのに、響きがなんともユーモラスに感じてしまいます。

死語って本来お茶目なものなのかもしれませんね。もし、あなたの近くに死語を連発する人がいても、ああ、お茶目な人だなと笑って受け流してあげるのが良いのではないでしょうか。

もっとも「お茶目」も死語かもしれませんが(笑)

[arrow このテーマの続編を読む]

Copyright©yama-a Aug.2016mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious