日の出と雲井

下記はある小説から一部を抜粋したものですが、これを読んで意味がお分かりになりますでしょうか?

主人は黙って日の出を輪に吹いて

迷亭先生は図に乗って腹の底から雲井を鼻の孔まで吐き返す

日の出を吐くってどういうこと? 輪に吐くってどういう意味? 雲井って誰? その雲井さんを鼻の孔まで吐き返すって何? さっぱり分からない。誰だ、こんな変な文章を書いたのは?

──などと思われるかもしれません。でも、これはどこかの半端な物書きが書いた文章ではありません。とある文豪の作品なのです。

そう、迷亭先生という名前から、この小説をお読みになった方は夙にお気づきかと思いますが、これは夏目漱石の『吾輩は猫である』からの引用です。私は今、毎日電子版の新聞連載を読んでおりまして、それでこれらの表現にぶつかったのです。

実は私も意味が分かるまでたっぷり2秒ほど考えてしまいました。

分からないとおっしゃった方、あなたは煙草をお吸いになりますか? 吸われる方であれば、想像がついたかもしれません。私も10年以上前に煙草をやめてしまったのですぐに分からなかったのかもしれません。

「日の出」も「雲井」も煙草の銘柄なのです。「輪に吹く」とは煙草の煙を吐いて輪っかを作ることです。そう言われるとなあんだ、でしょ?

でも、これは煙草の煙の描写であると解ったからこそ情景が浮かぶのであって、そうでなければ想像がつかないのも無理はありません。これがセブンスターやメビウスであれば、普段煙草を吸わない人でも気がついたかもしれません。

問題は「日の出」も「雲井」も今はもう存在しない銘柄だということ。そして、「セブンスター」のように如何にも商品名っぽい名前ではないこと。

「日の出」は一般名詞だし、「雲井」は人名か地名に見えます。現在はこんな漢字や平仮名を使った日本語の銘柄の煙草はほとんどなくなってしまったことも影響しています。

そして、何よりも、ここでは前後の文章を省略して、ほんの一部だけを抽出しているからです。文章というのは文脈で読むものです。前後があれば登場人物が煙草を吸っているということが、たとえ明示されていなくても想像がつきます。

こんな風に一部だけを取り出して意味を分かれと言うことがすでに無理難題なのです。だから、分からなくて当たり前なのです。

今回すぐに意味が解らなかったことがきっかけで、自分が普段どういうメカニズムで意味を取っているかを改めて認識しました。それが面白くてこんな文章を書いてみたのですが、果たして文脈はうまく繋がっているでしょうか?

煙に巻くような終わり方でどうもすみません。

Copyright©yama-a Aug.2016mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious