漱石ノススメ

前回に続いて夏目漱石について書きます。

去年の夏頃から朝日新聞紙上で夏目漱石の明治以来の再連載が始まり、『こころ』『三四郎』『それから』『門』『夢十夜』『吾輩は猫である』と続いているのですが、私はそれを Web版でずっと読んでいます。

これだけ続けて読んでいると、漱石の文体と言うか、いや、もっと単純に癖とでも言うべきものがおぼろげながら解ってきて、これがなかなか面白いのです。

まず、漱石がどうと言う前に、時代に伴う言葉の変化というものがあります。

例えば「全然」を打ち消しを伴わずに用いるのは現代では誤りとされていますが、漱石のみならず、明治の作家の作品を見ていますと、ごく当たり前に出てきます。「全然」を使うと「ない」で終わらなければならないという思い込みは存外新しいものだと分かります。

また、これが時代なのか漱石個人の癖なのかはよく分かりませんが、「挨拶」とか「よっぽど」とかいう表現も、漱石の小説の中では今の意味とは微妙に異なる感じで使われています。

「挨拶」は「おはようございます」や「こんにちは」に留まらず、一般的に「発言」と同じように使われていますし、「よっぽど」は現代語ではどこか限度や想像を超えていることを示唆していますが、漱石の「よっぽど」は「大層」「とても」程度の意味です。

『吾輩は猫である』に「どうも御退屈様」という表現があります。これは今では聞かない表現ですが、以前私が取り上げた「お(御)+○○様」という表現のバリエーションのひとつであり、なるほど、明治時代にはこういう表現もあったのかという発見があります。

ただ、文豪の作品を読んで、全部「そうか昔はこうだったのか」と思い込むのは危険で、特に夏目漱石の場合には、すでに当時とんでもない当て字を使う作家だと指摘されたりもしています。

例えば「冗談」を漱石は「笑談」と書き、「一途」を「一図」、「辛抱」を「辛防」、「裕福」を「有福」、「悲惨」を「悲酸」、「西瓜」を「水瓜」(こっちのほうがスイカと読みやすい気もしますがw)と書いています。

こういうのを読むと、果たして昔はそういう書き方が一般に認められていたのか、それとも漱石みたいな偉い人がバカな間違いをしているのか、随分悩ましく思います。

「持つ」を「有つ」、「他人(ひと)」を「他」などと書いてあったり、「難しい」が「六ずかしい」になっていたり、「背」の代わりに必ず「脊」の漢字を充ててあるのを見ると、これは漱石の漢文の素養によるものなのか、それとも単に自分勝手に当て字を書いているのか分からなくなります。

「ちょっと」を「鳥渡」と書いてあったのを見て私はびっくり仰天したのですが、辞書を引いてみると載っていたので、これは漱石が間違えたり勝手に当て字を書いたのではなさそうです。

「〜してみる」「〜してやる」を「〜して見る」「〜して遣る」と書き、「けしからん」を「怪しからん」と書いてあるのに出くわすと、我々は今語源を全く意識せずに使っていますが、元々は皆こんな漢字を書いていたのかしらん、と考え込んでしまいます。

でも、「はっきりと」を「判然と」と書き、「確か」ではなく「慥か」を、「震える」の代わりに「顫える」、「盗む」の代わりに「偸む」を使っているのを見ると、そこら辺はさすがに漢籍に通じた漱石の多彩な語彙かと感心してしまいます。

そういうことに気づくだけでも、私は漱石を読む価値があると思います。

そして、読んでみると意外に現代に通じる内容であり思考であり、これが恐らく現代文学のスタートとなったのだなと思わせる、極めて現代的な小説の終わり方に驚いてしまうことがたびたびあります。

あまりお読みになったことのない方は、一度手に取ってみられては如何でしょうか。

Copyright©yama-a Sep.2016mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious