重ねてお願いします

最近ファスト・フード店にあまり行かなくなったので、今でもそうなのかどうなのか分かりませんが、少し前だったら店に入って行くと「いらっしゃいませ、こんにちは」と言われて、なんだか居心地が悪かったものです。

「いらっしゃいませ」か「こんにちは」かどちらか一方だけで良いではないか、といつも思っていました。

お店なのだから基本的には「いらっしゃいませ」であるべきなのでしょうが、ファスト・フード店ならフレンドリーに「こんにちは」も許容範囲のような気もします。

でも、その2つを連ねられると途端に変な感じになります。あれはマニュアルにそう書いてあったのでしょうか? いずれにしても、連ねるのは何のためなのでしょう?

「いらっしゃいませ」は歓迎の言葉、「こんにちは」は昼間の挨拶、だから、その両方を言うのが丁寧──みたいなことを誰かが考えたのでしょうか?

もし本当にそこまで丁寧に言いたいのであれば、例えばそれは「こんにちは、ようこそマクドナルドへいらっしゃいませ」みたいな語順が正しいのではないかな、と思います。

「こんにちは」はそもそも「今日は」であり、「今日はご機嫌いかがですか?」とか「今日は良いお天気ですね」とか「今日はおでかけですか?」とかの後半部分を何でもかんでも省略してしまって万能の挨拶語にしたものです。

だから、「いらっしゃいませ」よりも先に言うべき言葉であって、上の文例の句読点を省いて「今日(こんにち)はようこそマクドナルドへいらっしゃいませ(いらっしゃいました)」と言っても良いように思います。本日はよくぞ当店に来てくださった、の意味です。

ところで、先日昼食時に何人かで蕎麦屋に入った時、長らく待たせた後、ようやく店員がお茶とおしぼりを持って現れ、こう言いました。

「お待たせしました、少々お待ちください」

ん? これは表現の組合せが変です。最近は変な日本語を使う外国人のウェイター/ウェイトレスも多いですが、この店員さんは日本育ちのようです。では、この表現は何でしょう? 待たせておいてもうちょっと待てと言うのは客に喧嘩を売っているのでしょうか? しかも一人ひとりの客におしぼりを渡しながらその台詞を繰り返すのです。な、何ですか、それ!?

確かに飲食店のウェイトレスが状況に応じて言わなければならない台詞のうちの2つではあります。でも、その2つは言うシチュエーションが異なるはず。

そこにはなんか、重ねて言っておけば丁寧になるのだという信仰めいた思い込みがあるのではないでしょうか?

思えば、日本マクドナルドの黎明期には、買いに来た客が注文し終わった後必ず「ご一緒にポテトも如何ですか」と勧められたものです(心優しい私なんぞは、最初はわざとポテトを外して注文し、勧められてから追加したりしたものですw)。

それはある意味的確なフレーズを組合せてマニュアル化した接客でした。

ハンバーガーにポテトは非常に適切な組合せです。でも「お待たせしました」と「お待ちください」は決して適切な組合せとは思えません。

ひょっとすると、いつの間にかマニュアル化自体のマニュアルがなくなってしまい、自己流で勝手に組合せたアナーキーな丁寧語がはびこるようになり、その挙げ句の果てが「お待たせしました、少々お待ちください」なのかもしれません。

でも、それは敬語でも何でもありません。いくらそれを丁寧に言っても、いくつ文を重ねても、心尽くしの言葉になるはずがありません。

「いらっしゃいませ」だけでも、「こんにちは」だけでも、心がこもっていれば、そう、それこそ「0円」のスマイルが添えられていれば、誠意はちゃんと通じるのではないでしょうか?

Copyright©yama-a Sep.2016mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious