歩き?スマホ? どちらが先か

妻と話をしていて「歩きスマホ」と「スマホ歩き」のどちらの表現が正しいかで議論になりました。

そもそもは私が自分のブログに一旦は「スマホ歩き」と書きながら、アップしてからなんか気になって調べたら、どうも「歩きスマホ」という表現のほうが流通しているように思えて、結局「歩きスマホ」に書き換えたのが発端です。

でも、それを聞いた妻は、「どうして? スマホしながら歩くから『スマホ歩き』でしょ?」と言うのです。

以前にもいくつかこんな議論があったような気がしますが、ひとつしか思い出せません。それは随分昔、私がまだ子供だったころに「カレーライス」のことを「ライスカレー」と呼ぶ人がいたことです。

今ではその言い方はすっかり廃れてしまいましたが、当時はまだ消えてはおらず、私の親戚に「ライスカレーでないといけない」と強硬に言い張るおじさんがいたのを憶えています。

「ライスを先にお皿に盛って、後からカレーをかけるから、ライスカレーでないとおかしい」というのが彼の理屈でした(このことについては10年以上前にも書いています)。

しかし、その時に別の親戚のおじさんから「なんで? ライスの上にカレーが載ってるから、カレーのほうが上にあって当然でしょ?」という反論がなされていたのもよく憶えています。

ま、そんな理屈で争っても何の意味もないのですが、しかし、他の「○○カレー」の例を見てみると、ライスカレー派の旗色は確かに悪くなります。

「インドカレー」は「インドを先にお皿に盛って、後からカレーをかける」わけではありません。また、ライスの代わりにうどんを使う時には「うどんカレー」ではなく「カレーうどん」と言います。

カツカレーも季節の野菜カレーもタイカレーも全部、カレーの前にある○○はカレーの種類や特徴などを表す語なのです。それを考えるとやっぱりカレーライスであるような気がします。

カツカレーは正式にはカツカレーライスなのであって、これはお皿に載っける順番ではなく、上から順番にカツ、カレー(ソース)、ライスの3層構造になっているのです。

なお、私はライスにかかっているものをルーとは言わずソースと呼んでいます。その件についてはここに書きました。

話は元に戻りますが、日本語においては合成された単語では往々にして下のパートがメインで、上のパートは下のパートの修飾語です。

だから、「スマホしながら歩くからスマホ歩き」というのはある意味正しいのですが、それならば「歩きながらスマホするから歩きスマホ」と言い返すこともでき、要するにどちらの行為がメインで、どちらが「ながら」あるいは「ついで」なのかというのが判断の分かれ目になります。

ただ、我々はそれをいちいちやっている人に問いただして、「はい、あなたの場合はスマホ歩き」「君がやっているのは歩きスマホですね」と分類するわけではありません。やっている人間ではなく、あくまで言う側の立場が言葉に反映されるのです。

つまり、歩き方がいろいろある中で、スマホをいじりながらの歩き方を問題にしたいのか、スマホの使い方がいろいろある中で、歩きながらスマホを触ることを取り上げたいのか?

駅員さんがアナウンスするときには、多分スマホの使い方には興味がなく、単に人にぶつかったり線路に転落したりする歩き方をしてほしくないだけでしょうから、「スマホ歩きはおやめください」ということになるのではないでしょうか?

逆にスマホのゲームを販売・運営している会社からのお願いとしては、彼らの関心事は歩き方ではなくゲームのプレイのマナーですから、「歩きスマホはやめましょう」となるのではないでしょうか?

そこまで考えて、あ、だから両方の言い方があるのか、と妙に納得してしまいました。例によって考え過ぎですかね(笑)

Copyright©yama-a Oct.2016mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious