熊から猫まで

江戸落語には熊さんとか八っつぁんとかいう人たちがよく出てきます。時に彼らは落語の中で熊公(くまこう)とか八公(はちこう)とか言われたりもします。「やい、熊公」なんてね。そう言えば、渋谷には忠犬ハチ公というのもいます。

この「公」って何なんだろうとふと気になりました。

「公家」の「公」ですかね、あるいは「公爵」の「公」? ちなみに公爵は爵位の最上位です。いずれにしても、元々は偉い人につける敬称であったようです。 たとえば、「伊藤博文公」などと。

それを公爵、侯爵、伯爵、子爵、男爵のいずれにも該当しない、近所の熊さんや八っつぁんに当てはめて親愛の情を表したものが「公」であると、辞書には書いてあります。

なるほど。そして、「熊公」「八公」という固有代名詞ではなく、一般の人称代名詞として、二人称の敬称である「貴公」というのもありますね。あるいは、もう誰も使わなくなりましたが、かつては友だちのことを「ダチ公」と言う人もいましたね。

伊藤博文は実際に公爵であったとのことですが、別に公爵ではなくても、そんな爵位のなかった古い時代の例を引っ張り出すと、菅原道真もよく「菅原道真公」と言われます。

で、それを略して「菅公」などとも言います。

そう聞いて、私と同年代の人なら何かピンと来たかもしれません。

そう、私たちの時代、学生服のトップ・ブランドはカンコー学生服でした。私が中学に入学した時に買ってもらったのもカンコー学生服で、このメーカーの人が中学の入学説明会の時に学校に来ていたのを憶えています。

だから、私だけでなく、私の中学では全員がカンコー学生服で、市内の中学もほとんどそうだったのではないかと思います。

当時はカンコーって何だろう?と思っていたのですが、このカンコーが実は「菅公」だったのです。なんで制服が道真公かって? そりゃあなた、菅原道真公は後に学問の神様になって大宰府天満宮に祀られているではありませんか。

熊さん、八っつぁんから伊藤博文、菅原道真まで、随分幅が広いなと思うのですが、先ほどあったように忠犬ハチ公などと、これは親しみを込めて動物に使うこともあるのです。

ハチ公は固有名詞ですが、犬全般を「ワン公」、猫全般を「ニャン公」と呼ぶのも同じです。それらが訛って「わんこ」「にゃんこ」となったわけです。

さて、先ほど引いた辞書をさらに読み進めると、「公」は親愛の情だけではなく、軽い侮蔑を込めるときにも使われるとのこと。

この例は「先公」、「ポリ公」でしょうね。先生やポリスをちょっとバカにするときなどに使う表現です。

私のかつての上司は交通違反で警官に止められた時に、非常に軽微な違反だったので許してもらえるかもしれんと思い、平身低頭謝って漸く無罪放免かと思った瞬間に、「おまわりさんが」と言うべき所で「ポリ公が」と言ってしまい、結局切符を切られたとのこと。

公の場でものを言うときには充分注意しましょう。

Copyright©yama-a Oct.2016mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious