大丈夫3

先日ファストフード店で昼食している時に、私のあとから入って来た女性客が「大丈夫」という言葉をものすごい使い方しているのが耳に入ってきました。

店員「ポイントカードはお持ちでしょうか?」
女性「大丈夫です」
店員「シールはお集めでしょうか?」
女性「大丈夫です」

私は頭がくらくらしてきました。

こういう万能の「大丈夫」について私は以前2度ほど書いていて、その時には食堂で「日替わり定食のほうで大丈夫でしょうか?」と確認され、あるいは、居酒屋の呼びこみに「居酒屋○○です。大丈夫でしょうか?」と勧誘されて、君のほうこそ大丈夫かね?と書いたのでした。

この過去2回は疑問文での割合曖昧な「大丈夫」でしたが、今回の2つの「大丈夫」は問いかけに対するきっぱりとした答えであり、しかも2つの意味合いが少し違うことに驚いてしまいます。

順番に翻訳すると、食堂の「〜で大丈夫でしょうか?」は「〜で間違いありませんか?」で、考えてみると分からないでもありません。本来は「私は○○定食と聞きましたが、それで大丈夫でしょうか?」という意味なのです。

居酒屋の「大丈夫でしょうか?」は「如何でしょうか?(ご利用になりませんか?)」です。これは「如何」を単純に「大丈夫」と言い換えているわけで、私は「大丈夫」の意味はいつからこんなに広がったのかと驚いたのでした。

一方、ポイントカードとシールの「大丈夫です」は端的に言って、ともに No の代用です。さすがにここまで広がってしまうと如何なものかという気がしてきます。

だって、「大丈夫」って英語で言うなら OK とか Alright の意味なのに、それを否定に使っているのですから。

もうちょっと踏み込んで解釈するなら、「ポイントカードは持っていないけれど、勧めてくれなくて大丈夫です」とか「シールは集めていないので、もらわなくても大丈夫です」というところでしょうか?

ま、シールのほうは No は No でも No, thank you (anyway, I'm alright)のニュアンスがあるのでそれほど違和感はないのですが、ポイントカードのほうは No, I don't を無理やり「大丈夫」と称しているように思えるのです。

ちょっと勘繰ると、「お持ちでないならカードをお作りしましょうか?」と言われるのが嫌でその前に予防線を張っている感じがします。あるいは、「私に構わないで下さい」と暗に言っているような気もします。でも、客を構うのが接客業ですからねえ。店員からすれば「いいえ」のひと言で軽く流してくれれば良いのに、と思いませんかね?

昔の「大丈夫」に慣れている我々の世代からすると、この「大丈夫」はちっとも大丈夫な感じがしない、と言うか、却って重いような気がするのです。

それと、もうひとつ気になったのは、この女性客は、逆にポイントカードを持っている場合、シールがほしい時にはどう答えるのでしょうか? 彼女が実際に言った文章を単純に否定形にして、

店員「ポイントカードはお持ちでしょうか?」
女性「大丈夫ではありません」
店員「シールはお集めでしょうか?」
女性「大丈夫ではありません」

では意味が分かりません。

店員「ポイントカードはお持ちでしょうか?」
女性「はい、持っています」
店員「シールはお集めでしょうか?」
女性「はい、集めています」

どう考えてもこっちのほうがストレートで分かりやすいじゃないですか。ならばその反対は、

店員「ポイントカードはお持ちでしょうか?」
女性「いいえ、持っていません」
店員「シールはお集めでしょうか?」
女性「いいえ、集めていません」

で良いんじゃないでしょうか?

世代間ギャップなんでしょうかね? 皆さんの「大丈夫」は大丈夫ですか?

Copyright©yama-a Nov.2016mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious