濁りのルール、ルールの濁り(2)

私は言葉についていろいろ考えるのが好きで、それでこのサイトにこんな文章を書き散らかしているわけですが、ならば日本語に関する本をたくさん読むかというと決してそうではありません。

ひとつには読むと書けなくなるからです。

他人様がお書きになったものを読んで、それは私も前から知っていたことや考えていたことで、「そうそう、そうなんですよ」と思うことはたくさんあります。

しかし、一旦そういう例に出くわしてしまった後に、それについて書いた文章をアップすると、なんかその本からパクったような気になってしまうのです。それが嫌で読まないような面もあります。

また、逆に私が知らなかったこと、気づいていなかったことを本で知ると、そのことについてそのまま書くのはなおさら芸がないように思います。それが嫌で読まないような面もあります。

しかし、新しい知識を得ることは良いことです。だから、結局のところ、やっぱり時々は読みます。そして、そこで新しい発見があれば、そこから自分なりに発展させたものをホームページに上げれば良いのです。

しかし、そんなにきれいに行かないケースも多々あります。つまり、そこから却々発展させようもないようなこと。

前置きがずいぶん長くなりましたが、今回はそういう事例について書きます。ほとんど読んだことをそのまま書くようなことになってしまって情けないのですが、でも、自分が気づいていなかったことを教えられて、すぐにでもこれを誰かに伝えたいという気持ちになったからです。

読んだのは『日本人も悩む日本語』(加藤重弘・著)という本です。買ったまま長らく放ってあった本です。

私はその中で「複合動詞では連濁は生じない」という法則を知ったのでした。

2つの単語がくっついて新しい単語ができる時に、後ろの単語の頭が濁る場合と濁らない場合について、私は以前このサイトに「濁りのルール、ルールの濁り」というタイトルで文章を書いています。つまり、

【法則1】後ろの単語が濁音を含まない場合は語頭が濁音化するが、後ろの単語が濁音を含む場合は濁音化しない。
【法則2】前が漢語の場合は濁音化しない。
【法則3】後の単語が外来語の場合は濁音化しない。

私はこれが全てだと思っていたのです。でも、さすがに専門の学者による分析はもっと進んでいて、これに加えて、

【法則4】動詞が2つ結合した場合は濁音化しない。

というのがあったのです。

つまり、「殴る」+「倒す」は「殴りたおす」であり、「殴りだおす」にはならないのです。「押す」+「返す」は「押しかえす」であり「押しがえす」にはならないのです。

ふーむ、なるほど。ただ、ややこしいのは、この本で最初に出てくるのは、上記のルールの例外のほうで、「着替える」なのでした。

皆さん、これをどう読んでます? 私は「きがえる」でした。でも、従来は「きかえる」だったのだそうで、時代とともに、私が前稿で述べた「ルールの濁り」が進んで来たらしいのです。

かなり年配の方は今でも「きがえる」と言われると違和感を覚えるとか。逆に「きかえる」と言われると違和感を覚えるかと言われると、私はそうでもありません。でも、若い方はどうなのでしょう?

なんでー、「きがえる」でしょうが

と言うかもしれません。でも、じゃあ「履き替える」「書き換える」をどう読むのか?と問われると、これを「はきがえる」「かきがえる」と読む人は多分皆無で、そうなるとやっぱり「着替える」が例外だと判るのです。

「がえる」と読むのは「アマガエル」とか「ヒキガエル」などの蛙の名前(つまりは名詞)がほとんどで、複合動詞で「がえる」になるのは「着替える」ぐらいなのです。

でも、面白いのは「着替え」の場合は動詞ではありませんので、これは「きがえ」なのです。年配者も若い人も同じで、「きかえ」と言う人はいません。

このルールで言うと、「行き止まり」は「いきどまり」、でも「行き止まる」は「いきとまる」、「行き詰まり」は「いきづまり」、でも「行き詰まる」は「いきつまる」でなければなりません。

「いきとまる」とか「いきつまる」って何か間抜け、と思うかもしれませんが、歴史的には日本人は確かにそう発音していたらしいのです。

面白いですよね。法則はあるのだけれど、一部のものは次第に変わって行くのです。

でも、ここまで読むと、結局私が前回書いた

【法則0】言葉なんてそんなもんですよ。

というのが一番しっかりした法則であるような気がします。この【法則0】と言い、あるいは「濁りのルール、ルールの濁り」というタイトルと言い、我ながら巧いこと言ったものだ自画自賛しています(笑)

[arrow 上で紹介した本の書評を読む]

Copyright©yama-a Nov.2016mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious