日本語の中の動物たち

このエッセイ・シリーズでは今まで死語について2度書いています。1回は服飾編、もう1回は電化製品編でした。

次は生活雑貨編でも書こうかなと考えて、頭のなかで例を漁っていると、いろいろ浮かんできます:

と、このあたりまで考えた時に、私の思考はふと違う方向に行ってしまいました。最後の2つでひらめいたのです。

日本語には動物になぞらえた表現がなんと多いのだろう、と。(あるいは日本語だけではなく、各国の言語に同じような例が少なからずあるのかもしれません。そう言えば英語に関してこんな記事を書きました)。

ここで取り上げようとしているのは、鷲鼻とか獅子鼻とかアヒル口とか猫背とか鳩胸とかいう類の表現ではありません。それは人間の顔や体を形容するのに他のどの動物に似ているかを持って来た、謂わば「動物 vs 動物」の喩えです。

そうではなくて、全く関係のないモノの形状を動物の一部に当てはめてしまう、と言うか、日常生活の中に動物の姿を見ているところに発想の豊かさを感じるのです。

言うまでもありませんが、がま口は財布の口がガマガエルの口に似ているところから来た表現です。こうもり傘(老人たちはそれを「こうもり」と略したりします)は、西洋の傘の布の形がこうもりの羽に似ているところから付けられたものでしょう。

同じ傘でも日本古来のものは蛇になぞらえて蛇の目などと言われていました。

製図用具の烏口はペン先がカラスの口に似ているから。

海鼠壁(なまこかべ)なんて表現を聞くと、よくもまあこの壁の柄からナマコを連想したもんだと驚いてしまいます。

亀の子たわしは、親亀ではタワシのサイズとして大きすぎるので子供にしたあたりにネーミングのセンスが伺えます。

開き戸の金具である蝶番(ちなみにこれを「ちょうばん」と読んでいる人をたまに見かけますが、「ちょうつがい」です)はまさに蝶が羽ばたくようにして開閉するからです。

掃除道具の熊手はそれこそ熊の手を連想させたからなのでしょう。

トンボめがね、なんてのもそのまんまの表現ですが、これは是非とも死語編にも載せたい言葉です(笑)

さて、次はやっぱり「死語」の続編を書きますかな。

Copyright©yama-a Dec.2016mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious