略語の粗略

AED って知ってますか? 最近では随分認知度も上がったように思います。私は随分前に知りました。一度だけ消防署で使い方の研修も受けました。

知らない人が目にしても気づかないものですが、一旦知った人が歩いていると街中の随分とあちこちに設置されていることに驚くのではないでしょうか。

AED が置いてあるところには大抵「AED」という表示があるのですが、知らない人がこれを見たらどう思うでしょう? もちろん、あんまりあちこちで何度も目にするものだから、何だろうと調べるかもしれません。

でも、そこまでの熱意のない人にとっては、いつまで経っても何だか分からないもの、従っていざという時に役に立たないものなのではないでしょうか?

AED はアクロニム(頭文字を繋げたもの)です。これが何の略だか知っていますか?

Automated External Defibrillator だそうです。これが難しすぎるのです。だからこれを見ても何のことだか分からない。英語の得意な人なら最初の automated と external は解ります。でも、肝心の defibrillator が何なのか分かる人はまずいません。

見ても何のことだか分からない → どうせ分からないから AED と略称だけ書いておく → 略称だけだとなおのこと何なのか分からない、という悪循環にはなっていないでしょうか?

では、日本語名を書いておけばどうでしょう?

ところが、これが医学関連用語の常で「自動体外式除細動器」という仰々しい名前になってしまっています。これを見ても何をする機械か想像もつきません。それどころかこの9つの漢字がどこで切れるのかさえ自信を持って言えません。

心臓が細かく震えて血液を送り出せなくなることを「心室細動」と呼ぶのだそうです。それを取り除く機器だから「除細動器」、体内に何かを入れるのではなく、体の表面に貼り付けるから「体外式」、心臓の状態を機械が判断するから「自動」ということなんでしょう。

でも、これは一般人にもっと分かりやすいように「心臓電気ショック装置」とか「心肺停止再生器」とかいう名前にしてはいけないのでしょうか?

そう書いておけば、たとえ使い方を知らない人でも、そこにその機械が設置してあることには気づいていて、その人がそれを使える人に伝えて人命救助するような機会も生まれるのではないでしょうか?

名前の付け方って大事ですよね。

最近は分かりやすい名前をつけるために腐心する習慣が弱くなっていて、外来語を解りやすく意訳する努力も怠られがちのように思います。インターネット上の諸サービスを筆頭に、世の中全体がどんどんユーザ本位になっているのに、まことに不思議なことです。

駅前で AED を見つけて、ふとそんなことを考えました。ま、これも LED と同じくらい普及したら、そんなことどうでもよくなるのかもしれませんけどね(笑)

他にもあなたの周りにそういう何だか解らない略語が書いてあったりしませんか?

Copyright©yama-a Dec.2016mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious