意味はたくさんある(1)

中学の時の音楽の教師がこんなことを言っていました。

「音楽は“音を楽しむ”と書くんだから、みんな、もっと楽しまないと」

私はこういう言説にはすごく抵抗を覚えます。それは必ずしも語義とは関係のないこじつけめいたものに聞こえてしまうからです。

「楽」に「たのしむ」という意味があるのは確かです。しかし、「音楽」の「楽」は楽しむという意味ではありません。ここでの「楽」は「音楽」の意味です。

何を言っているのか?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、漢和辞典を引いてみてください。「楽」という字の、多分2番目ぐらいの意味として「音楽、楽曲」などと書いてあると思います。

「楽曲」は決して「楽しい曲」ではありません。「楽器」は「楽しい器」ではありません。「楽譜」は「楽しい譜面」ではありません。「楽団」や「楽隊」は「楽しい人たち」ではありません。

ベートーベンが「楽聖」と呼ばれるのは楽しい人だったからではありません。

これらの漢語における「楽」は全て「音楽」という意味なのです。

「楽」には「たのしい、たのしむ」という意味があります。「安楽だ、らくちんだ」という意味もあります(この場合は大抵ラクと読みます)。これ以上は書きませんが、他にも幾つか意味があります。

しかし、しつこいようですが、「音楽」の「楽」は、この字が持っているたくさんの意味のうちの「音楽」という意味です。だから、ことさら「楽しむ」の意味を引き合いに出して「音を楽しめ」と説くのはこじつけだと思うのです。

私は中学時代からそんな感じ方をしていました。

漢字には大抵複数の意味があります。次回はそんなことについて書いてみたいと思います。

[arrow このテーマの続編を読む]

Copyright©yama-a Jan.2017mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious