意味はたくさんある(2)

前回の原稿で、漢字には大抵複数の意味がある、と書きました。日本人ならそんなことは誰でも知っているでしょう。

ただ、どういう意味なのか解らずに使っている漢字も少なくありません。

前にも一度書いたことですが、例えば「白」は色の名前です。その色のイメージから比喩的に「清らかである、穢れがない」などの意味で使われることもあります(「潔白」「清白」など)。明らかという意味にも使われます(「明白」など)。

では「言う、申し上げる」の意味があるのはご存知でしょうか?(現に漢文ではこの字に「まう-ス」と仮名を振ることがあります)

「告白」「自白」「白状」などはその例です。そう言われると、ああ、これらの単語の「白」はそういう意味だったのか、と納得してしまいませんか?

あるいは、これも以前書きましたが、「中」に「当たる」という意味があることには気づいておられますでしょうか? 「的中」「命中」「中毒」などがその例です。「中」とかいて「あたり」さんという苗字の人もいますよね?

「あたる」と打って変換すると「当たる」「当る」のほかに「中たる」も出てきたりするでしょ?

そうそう、最近ではワープロ変換のお陰で新しい漢字や新しい意味を知ることもあります。

たとえば「まとめる」と打つと「纏める」などというとんでもなく難しい字が出てきて「そんな漢字あったのか!」という感じ(笑)

あるいは「わきまえる」。ワープロが出てくるまでは私はこれを漢字で書いたことも読んだこともありませんでした。ところが PC で文章を書くようになると、いきなり「弁える」と変換されてびっくりします。

そう言えば「弁」にもいろいろな意味があります。

「雄弁」とか「弁舌」とかいう単語から、なんか「話をする」とか「議論する」という意味がありそうだなと想像はつきます(「弁解」になると、もう少し悪いニュアンスが加わって「言い訳する」みたいな感じでしょうか)。

その辺りと割合近い意味として、「弁証法」や「思弁」の「弁」は「分析する」というところでしょうか?

ただ、「弁当」の「弁」は何だか分かりません。これは漢和辞典で調べても見当がつきません。でも、語源を当たってみて分かりました。

「弁当」はそもそも「便当」と書いたのだそうです。「同音による書き換え」は漢字の世界ではよくあることです。で、今でこそ「弁当箱」と言いますが、昔は「便当」だけで「弁当箱」のことを表していたそうです。

で、外出先で食べられる便利な食事(あるいはそれを入れる器)のことを「便当」と読んだのが今では「弁当」になってしまったのだとか。こうなると、もう元の漢字の意味とは全く関係がなくなってしまいますね。

では、次の問題──「花弁」の「弁」は一体何でしょう?

「花弁」の「弁」は「かけら」あるいはそのものズバリ「はなびら」の意味です。

では、次の問題──え? もう勘弁してって? じゃあ、その「勘弁」の「弁」はどういう意味でしょう?

「勘弁」の「勘」は「考える」、「勘弁」の「弁」は「思弁」や「弁別」などと同じくものごとの違いをしっかりと見分けること。──よく考えて本当のところを見分けると他人の過ちを許すことができるということなのでしょう。

ま、それこそが身の程を弁えた態度ということなんでしょうかね(笑)

Copyright©yama-a Jan.2017mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious