PPAP に思う

昨年大当たりしたピコ太郎の PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)。あれを見ていて思い当たったことがあります。

あれが面白かったのは、pen と pine という微妙に音の似た単語を持ってきたことの絶妙さもありますが、それ以前に日本人が中学校で最初に習う英語である I have a pen をいい年したおっさんが踊りながら歌っているからだと思うのです。

もっとも、私より少し上の世代は I have a pen ではなくて This is a pen とか I am a boy など、be動詞から教えられたようですが…。

いずれにしても、ピコ太郎のあの口上が A rolling stone gathers no moss であったり、あるいは Go ahead. Make my day! とかであったら、それほど面白くなかったと思うのです。

諺でも映画の名台詞でもなく、まさにあれが中学英語であったことが、どことなく間抜けで面白かったのではないでしょうか。

実は I have a pen も I am a boy も日常生活ではまず耳にしない表現です。んなもん、見りゃ分かるだろうが、という表現なのです。

「しまった、メモ用紙は持ってきたけど書くもの忘れてきちゃった」「あ、俺ペン持ってるよ」という会話とか、何度も女の子に間違えられた少年が怒って「僕、男だもん!」と叫んだとか、そういう特殊なシチュエーションでしか、決して口をついて出ない表現なのです。

マディ・ウォーターズが I'm a man! と歌ったのは、「私は男です」ではなく「俺は一人前の男じゃ! 子供扱いするな」というシチュエーションなんです。だから、I'm a grownup man とか I'm a hoochie-coochie man(米俗語で精力絶倫男)というフレーズが続くのです。

素の会話で同級生の Tom と Susie が "I am a boy" "I am a girl" とか "I have a pen" "I have a notebook" と言い合うなんてことはあり得ないのです。

でも、日本ではまずそんな変な会話/表現を以て英語教育の第一歩にしているのです。少なくとも私たちのころはそうでした(今は違うのならごめんなさい)。

翻訳という観点から考えると、そもそも have は「私は〜を持っている」と訳すより、「私には〜がある」と訳すべきことのほうがずっと多いのではないでしょうか。

にも拘らずそういう教え方をしないのは、教育の現場で、子供に教えるのに抽象的な意味は難しいという思い込みがあるからではないでしょうか?

動詞はまず「〜する」と憶えさせようとするその頭の固さが、結局日本人の英語力を下げているのではないか、と私は思うのです。

ひとつの単語をひとつの単語に対応させて説明するよりも、「私には〜がある」「今ここに〜がある」と言いたいときは I have 〜 と言う、と教えたほうが良いのではないか、と私は思うのです。

文章で言うなら、I have a pen よりも I have a sister あたりから教えたらどうだろうかと私は思うわけです。

でも、もし、どうしても、何が何でも I have a pen から教えたいと言うのであれば、それは手品のシーンではないでしょうか?

それを訳すなら「私はペンを持っています」ではありません。「さて、ここにペンがあります(種も仕掛けもございません)」てな感じになるでしょう。教科書にはピコ太郎の写真かイラストを添えておいたら良いかもしれません(笑)

習うほうのハードルは少し上がってしまうかもしれませんが、そういうところから教えることによって「逐語訳では日本語にならない」という翻訳の真髄の片鱗に触れることができるのではないでしょうか。

例によって変なことから変なところに思いを馳せてしまいました。ちょうどペンとリンゴが繋がるみたいに(笑)

Copyright©yama-a Feb.2017mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious