茶髪と月9

業界ではこのところ CX の低調ぶりがよく語られます。「あの『月9』でさえこんな視聴率しか取れなくなった」などと。

私はこういう発言を聞くとどうも気持ち悪いのです。いえ、言われている内容ではありません。前にも書きましたが月曜21時のドラマ枠『月9』を「げつく」と読んでいるからです。

私個人の記憶としては、『月9』が一世を風靡していたころ(いや、『月9』が始まった頃かもしれません)は「げっく」と促音で読んでいたと思うのですが、これは私と私の周辺だけだったのでしょうか?

いずれにしても、規範的な日本語で言うと『月9』は「げっく」であるはずで、どうも「げつく」に馴染めないのですが、これは随分前に出てきて気持ち悪くて仕方がなかった表現「茶髪」(ちゃぱつ)に通じるところがあります。

「ちゃぱつ」はそれぞれの漢字の読みからすると本来は「ちゃはつ」となるはずです。それが、金色の髪が「きんぱつ」だから茶色の髪は「ちゃぱつ」、という短絡的な発想に引っ張られて変わってしまった表現です。

では、「ちゃぱつ」の気持ち悪さを理解してもらうために、どういうときに「ハ」が「パ」になるのかを考えてみましょう。

日本語において「ン」で終わる漢字がハ行で始まる漢字に繋がる場合、原則としてハ行がパ行になる、もっと発音に忠実に言うと nh が mp になる(つまり、kin-hatsu が kimpatsu になる)のです。

従って、「散髪」は「さんぱつ」、「新品」は「しんぴん」、「三分」は「さんぷん」、「完璧」は「かんぺき」、「文法」は「ぶんぽう」と読まれます。

これはハ行の前が「ツ」である場合にも起こります。ただし、この場合「ツ」は促音化して「ッ」になり、「出版(しゅっぱん)」、「執筆(しっぴつ)」、「屈服(くっぷく)」、「雪片(せっぺん)」、「殺法(さっぽう)」等となります。

でも、「茶髪」は以上のどれにも該当しないのです。ならば「白髪」と同じように「ハツ」と読むべきなのではないでしょうか?

さて、「げつく」の場合は「ちゃぱつ」とは逆に、後半が半濁音化するかどうかではなくて、前半が促音便になるかどうかが問題になります。つまり「げつく」が正しいのであれば「出版」は「しゅつはん」になるのではないか、ということです。

日本語において「ツ」で終わる漢字の後にカ行、サ行、タ行、ハ行(この場合は繋がって半濁音化する)で始まる漢字が続いて熟語を形成する場合、往々にして「ツ」は「ッ」になります。

「発汗」「失禁」「滑空」「設計」「出国」「発散」「必死」「必須」「決戦」「節操」「発達」「熱中」「密通」「設定」「葛藤」「圧迫」「逸品」「鬱憤」「月餅」「脱法」等々。

で、これは「ツ」で終わる漢字だけではなく「キ」や「ク」で終わる漢字がカ行に繋がる場合にも当てはまります。つまり「○キ△」や「○ク△」が「○ッ△」になるのです。

例えば、「席巻」「激昂」「錯覚」「白金」「借景」「速攻」などがその実例です。

ところで、「月9」は「発汗」や「失禁」と同じ例です。「月間」が「げっかん」、「月給」が「げっきゅう」、「月桂樹」が「げっけいじゅ」、「月光仮面」が「げっこうかめん」であるように、「月9」は本来「げっく」であるはずだと私は感じるのです。

ただし、文法というものは全てに当てはまるものではありません。例えばあなたは「月曜日から金曜日まで毎日」という意味での「月金」をどう読んでいますか?

「げっきん」と読む人もいるかもしれませんが、これは「げつきん」のほうが多数派でしょうし、私もそう読んでいます。

これは多分「月金」が2つの漢字の結びつきの弱い、つまり、月曜と金曜が偶発的に結びついただけの、熟語といえるほど熟していない単語であるということなのかなと考えたりもします。

そう考えると「月9」というのは単なる略称であって熟語ではないので、「げつく」でも良いのかもしれないなと、ここまで偉そうに書いておきながら急に自信が揺らいでくるのです(笑)

言葉って所詮そんなものです。考えてみれば、私も「ちゃぱつ」という表現に段々抵抗がなくなって、今では「ちゃぱつ」と書いて変換キーを叩いています。そんな風に馴染んでしまっている自分に気がついて、絶句するなんてこともよくあります。

あ、でも、これは「ぜつく」ではなく「ぜっく」ですので、念のため。

Copyright©yama-a Feb.2017mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious