言語と国民性

私が「英語とはさても面妖な言語じゃ」と最初に思ったのは(もっとももちろん当時の中学生がそういう表現を使ったわけではないですが)、英語には「兄弟」や「姉妹」を表す単語はあるのに、「兄」や「妹」を表す単語がないということでした。

「弟」と言うのに younger brother などと2語4音節を費やさなければならないとは何と効率の悪いことか、と呆れたのでした。

他にもそういう例はあって、これは以前書いたこともありますが、「お湯」を表す英単語も単独では存在せず、hot water と言わなければなりません(この件、前にも書きました)。これも日本人の感覚からすれば、「なんと面倒な」という感じでした。

しかし、このような事実から「日本語のほうが英語より優れた言語である」などと結論するのはあまりに短絡的でしょう。英語のほうが短い表現で済むこともたくさんあります。I miss you の miss とか、動詞の fetch (日本語だと「取って来る」という合成語になってしまいます)など(これらについても前に書いています)。

角度を変えて考えると、同じ「水」なのに温度が変わるだけで違う名称を充ててしまう日本語より、ともに water で表す英語のほうが論理的・合理的であるという見方も成立するでしょう。

大体お湯と水の境目は摂氏何度なのか?と問われると答えに窮してしまいます。仕方なく境目のところに「ぬるま湯」という別の名前をつけてしまうあたりが日本語のいい加減さであり面白さであるとも言えますが。

また、 「弟」を例にとって「日本社会においては常に長幼の序列を明確にすることが求められるので1単語で表せる」などと類推するのも早計でしょう。それを証明するためにはもっともっとたくさんの例が必要となります。

とは言え、言語はやはりどこかに国民性を反映する感じがあって、そこは面白いところです。

話を元に戻しましょう。私が英語を習い始めて驚いたもうひとつは複数形でした(まあ、このテーマでも過去何度か書いてるんですけどね、例えばこことかこことかw)。

いや、複数形があることは小学生の時から知っていました。少年野球のチーム名を考える時に、プロ野球チームに倣って「○○ス」とか「△□ズ」などとしていましたので。

そういう時に「じゃあ広島カープはどうして最後に S がつかないのか?」という話になって、「群れをなす動物は単複同形」との知識を得、ますます複数形の深さに驚いたのでした。

そして、当時の中学生はそこからさらに踏み込んで、「複数形があると何が良いんだろう?」と考えたのですが、その答えはもう少し英語を学ぶまで分かりませんでした。

その答えのひとつは、例えば日本語で「犯人は逃走しました」と言われても、単独犯なのか複数犯なのか分かりませんが、英語では即座に判るということです。

日本語で「苦情が来ました」と言われても、たまたま機嫌の悪かった変人がひとりだけ突っかかってきたのか、広く世間から批判を浴びているのか俄に分かりません。英語だと少なくとも1人だけなのかそうでないのかの区別はつくのです。

そういうことに気づいてから何年か後に、私は初めての海外旅行でハワイに行き、そこで本と CD を売っているお店の看板に Books と CDs と書いてあるのに目を留めて思わず「おおっ」と叫んだのでした。

我々は本は BOOK、CDは CD だと思っています。日本には今でも Book という看板を掲げた本屋、CD という看板を構えた CDショップがたくさんあります。でも、1冊だけ、1枚だけ売っているわけではないので、当然複数形を使うべきだったのです。あの看板を観た来日観光客は私とは逆の意味でその英語に反応するのか、と思ったのです。さらに、CD などという略語にも複数形があって、と言うか、compact disc の略は CD で compact discs の略は CDs なのか!と驚いたのでした。

日本人による英作文で、複数形にすべきところができていないという間違いはよくあります。日本人は普段から単複の区別をせずに暮らしているから仕方がありません。

しかし、それにしても眼鏡 glasses やハサミ scissors やパンツ pants まで複数形になってしまうあたりは、英語圏の人たちの感覚はどうなっているんだろう?とも思います。

日本人からすると「それは単なるニコイチ、あるいは二股でしょう」と言いたくなります。

言語から国民性を断じてしまうのは必ずしも正しくないと思いますが、とは言え言語から国民性に思いを馳せてみるのは大変面白いなあと思います。

Copyright©yama-a Mar.2017mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious