最近の広告表現から

地下鉄の駅を歩いていると、どうも気持ちの悪い広告看板に出くわしました。結婚式場の広告らしいのですが、そこに書いてあるヘッド・コピーが「彼女のわがまま、彼氏のなやみ、叶えます」。

──これ、気になりません? おかしくないですか?

「わがまま」と「なやみ」を対比して並べたのは表現としては悪くないのですが、構造上「わがまま」も「なやみ」も「叶えます」に掛かって行くはず。

そうなると、「わがまま」を「叶える」のは良いけれど、「なやみ」を「叶える」のはおかしいでしょう?「なやみ」は叶えるのではなく取り除くか解決するべきものでしょう?と思うのです。

論理がちゃんと通っていない、構造としてはちょっと残念な表現だと思いません? 仮にもしも私が書くとしたらこうです:

「彼氏のわがまま、彼女の高望み、叶えます」

これなら「わがまま」と「高望み」を対比しながら、両方ともすんなりと「叶えます」に繋がって行きます。元の表現で「彼女のわがまま」だったものを「彼氏の」にしたのは、「高望み」という言葉は「彼女」のほうが親和性が高いかなと思ったからです(ま、旧い男女倫理観の裏返しではありますが)。

そんなことを思いながら歩いて行くと、今度は別の駅で別の引っ掛かる広告看板に出会いました。

それはフジテレビの配信サイト FOD の広告でした。曰く、「夜ふかしに、ひまつぶしに、ドタキャンに」とかなんとか。まあ、解らないではないです。そういう時に是非とも FOD を観てくれと言うのでしょう。

しかし、夜ふかしとひまつぶしをするのは FOD を観る人と同一人物ですが、ドタキャンについてはドタキャンした人が FOD を観るのではなく、これだけは「された人」なのです。

こういう主語の不一致も私は大変気持ち悪く感じるのですが、皆さんそんなことないですか?

思えば、今 CM などで平気に使われている「絶賛発売中」とか「好評発売中」という文言は、昔は許されない広告表現でした。そういう表現の CM が搬入されると、持ち込んだ広告代理店に差し戻していたものです。

これも FOD の広告と同じく、絶賛する人と発売する人が別人だからおかしいのです。「売ってる奴が自分で絶賛するなよ」というのが CM 謝絶の理由でした。

でも、今では CM だけではなく、一般人がおどけてよくこの表現を用います。「恋人絶賛募集中です」「報告書絶賛作成中です」などと。これはこれで、まさに自分で絶賛しているところが何気におかしく、よって自分を茶化すという目的はちゃんと達成しているわけですが(笑)

ま、荒っぽく総括してしまうと、つまり、最近の世の中はこの手の論理的に若干食い違った表現に対して、それほど抵抗感がなくなってきているのですね。

もちろん、こういう繋がりのおかしい表現は話し言葉ではいくらでもあります。しかし、文字に書いた言葉、あるいは原稿として一度書かれてから話された言葉においては、昔は注意深く排除されてきた表現なのです。

私は「言葉の乱れ」を嘆いているのではありません。言葉は常に変化しており、人は(人によって個人差はありますが)どこかでその変化に取り残されるものです。

ただ、それがどこに向かって流れているのかは見極めたいなと思いますし、もしもその流れによって言葉が解りにくい、意図の通じにくいものになるのであれば、それはあまり良いことではないと思っています。

でも、変化の流れは力ずくで堰き止められるものではないでしょうから、そこに何らかの形で新たな工夫が加えることはできないかな、などと考えています。

広告表現を添削してみるなどという、まことに無意味で不遜なことを考えながら歩いているのは、まさにそういう心がけの現れですので、どうかご寛恕ください。

Copyright©yama-a Mar.2017mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious