進入と進出

「電車の進入進出時の風圧にご注意ください」──会社の最寄り駅で階段を登ろうとしていると毎朝こういうアナウンスが流れます。

これ、ちょっと気持ち悪くないですか? また細かいところに引っかかって四の五の言うのかと嫌がられるかもしれませんが、私はちょっと気持ち悪いのです。

まず、何故「風圧」なのか? 「風圧に注意しろ」と言われても、ちょっと困惑しませんか? 風圧、つまり風の圧力がどれくらいあるかなんて普段考えたこともありません。

考えたこともないものに気をつけろと言われても困惑するのが人情というものではありませんか? 私はここは「強風にご注意ください」で良いのではないかと思います。

厳密に言えば、強風の要素は多分風速と風圧に分解されるのでしょうし、恐らくこの地下鉄の駅で問題になるのは風の速さではなく、風によって乗客の体が飛ばされそうになる圧力なのだろうとは思います。

でも、忙しい朝の通勤時、このシチュエーションではそこまで時間をかけて考えることではないように思うのです。乗客への注意喚起をするなら「強風」という表現で充分ではないでしょうか?

ま、それはそれとして、今回私が書きたかったのはこのことではありません。私がもっと気になるのは「電車の進入進出時」という表現です。皆さん、この表現に違和感ありませんか?

「進入」は入ってくること、「進出」は出ていくこと、と言われるかもしれませんが、「進入」も「進出」も起点ではなく終点に焦点の当たった単語だと私は思うのです。

つまり、「進入」「進出」という表現に出くわしたとき、人が想起するのは「どこへ行くのか」「到着地点はどこなのか」ということであって、「どこをスタート地点としているか」はあまり問われないような気がするのです。

だから「電車の進入時」には違和感がないのですが、「電車の進出時」には少し引っかかるのです。

「駅に進入する」という表現はあっても「駅を進出する」という表現はあまり耳にしません。「新しく掘られた坑道に進出する」なら決して耳に障りはありません。

それは「進む」という漢字のニュアンスによるものだと思います。常に行く先を意識させる単語に思えるのです。

だから、「進入時」と言われると電車が駅に入ってくるところが容易に思い浮かぶのに、「進出時」と言われると頭に浮かぶのは電車が暗い坑道に動き出すシーンであり、自分が今立っている駅のホームに意識が行かないのです。

おまけに「進出」はむしろ「決勝に進出」などと、具体的な地点ではなく抽象的な到達点に使うことが多い表現です。なおさら電車がホームに入ってくるときの強風に思いが繋がらないのです。

考え過ぎですかね? でも、私の場合、時間をかけて考えた結果そう感じたというのではなく、聞いてすぐに「なんで違和感があるんだろ?」と感じて、それを考え詰めたのが以上の分析なのです。

「進入進出」は形の上では対句です。でも、形だけ対句になっていて、意味の上できれいな対句になっていないところが私には気になりました。

「電車の出発到着時には」で良いのではないかと思うのですが、如何でしょうか?

Copyright©yama-a Apr.2017mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious