茶化す文化

森友学園の一連の騒動の中から出てきた「アッキード事件」とか「死なばモリトモ」などのモジリの表現が、言葉遊びとして純粋に面白いと思っています。

日本では物ごとを茶化すとすぐに「不謹慎だ」と言われるのですが、私は日本の社会がもっと茶化すことを許す社会であってほしいなといつも思います。

そう言えば、昔 BSE と鳥インフルエンザの騒動の渦中の会見で「モウ、ケッコウ」と言ったために「不謹慎だ」と謝罪させられた農水大臣がいました。これもその一例です。

「この状況でよくそんなジョークを言う」とセンスを問われるのは仕方がないにしても、「不謹慎だ。謝れ!」と責められるのはちょっと違うように思います。

他人を責める前に自分が謹慎しろよ、と思う私の感覚が間違っているのでしょうか?

世界の動きを見ていると、お隣の中国や韓国/朝鮮では現役の指導者が一夜にして失脚し追放されたり、元大統領が突然罪に問われ服役するなど、糾弾社会、弾劾社会、あるいは時代によっては処刑社会みたいな印象もあって、それもどうかと思います。

それに比べると日本の場合は歴史的に蟄居したり出家したり、どうも謹慎社会という印象が強く、そういうのも内向的に過ぎる気がします。

どっちもどっちだと言われるかもしれませんが、いずれにしても、国家や社会、世間が個人の自由に一歩譲ってほしいのです。寄ってたかって潰すようなことはやめたいなと思うのです。

多様性に対する許容度の大きさこそが社会の成熟度の尺度ではないでしょうか?

苦しい時、あるいは重苦しい雰囲気の中で、あえてジョークを言おうとする精神の営みに私は敬意を表したいと思います。私を茶化す人に対しても同じ気持ちでいます。

茶化す勇気を持ち、その一方で茶化されることに対する耐性を身に着けて、残りの人生を歩んで行けたらなあと思う今日このごろです。

Copyright©yama-a Apr.2017mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious