「無い」ではない「ない」

その昔、「ないまぜ」という言葉がどうも私にはしっくり来ませんでした。それは「ないものをどうやって混ぜるんだ?」と思っていたからです。

でも、それは調べればすぐに判る私の早とちりで、その「ない」は「無い」ではなく、「縄をなう」の「綯い」だったのです。つまり、縄をなうように撚り合わせ、交ぜて一体にした状態を表した言葉だったというわけです。

そんな風に知っている単語の音に引っ張られることってよくあります。

「ない」について言えば、「忙(せわ)しい」と「忙(せわ)しない」がほぼ同じ意味であることにも悩みました(あんまりこういうことに悩む人はいないのかもしれませんがw)。

でも、この「ない」も「無い」ではなかったのです。この「ない」はものの状態を表す接尾語(活用語尾)なのだそうです。

例えば「はしたない」という言葉があります。「はした」は「端金(はしたがね)」というように、中途半端なつまらないものというような意味です。で、そういう状態を表す形容詞が「はしたない」なのです。

「しどけない」も同じような構造の単語で、整っていないさまを表す「しど」に様子を表す接尾語「け」(これは「気」と思われる)と形容詞を作る接尾語「ない」が繋がったものと思われています。

「しど」って何よ?と言われるかもしれませんが、これは語源としては「しどろもどろ」の「しど」と同じなのだとか。

「満遍ない」も同じで、「満遍」自体が「全体に行き渡っている」という意味なので、もし「ない」=「無い」であれば「偏っている」という意味になるはずです。

でも、その一方で「情けない」や「だらしない」など、「ない」=「無い」が成立する形容詞もあるのがややこしいところ。「みっともない」も「見たくもない」がウ音便化して「見たうもない」になり、さらにそれが変化したものだそうです。

「不甲斐ない」なんてのは一体甲斐があるのかないのか、一重の否定なのか二重の否定なのか悩むところですが、これはどうやら「はしたない」「しどけない」と同じ用法の「ない」らしいのです。

また、「ぞっとしない」は「ぞっとする」の否定ではないので「恐怖を感じない」という意味ではなく「おもしろくない」「感心しない」という意味で、この「ない」もまた否定ではなく状態を表す接尾語なのです。

さて、そんなややこしい話はこれ以上読みたくもないと言われると切ないので、そうならないうちに終わりにします。

ちなみに「切ない」も「無い」ではない「ない」です。古語には「大切ない」という単語もあって、これは「大切でない」という意味ではなく「とても大切だ」という意味なのだそうです。

2つの「ない」がないまぜになって、考えれば考えるほど分からないでしょ?

Copyright©yama-a May.2017mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious