騎士団長の言葉遣い

村上春樹の『騎士団長殺し』を読み終わりました。書評は別のところに書きましたので、ここで小説の内容についてあれこれ書こうというのではありません。

このことばのエッセイ・シリーズで取り上げたいのは、あの小説の登場人物(「人物」と言って良いかどうか分かりませんが)である騎士団長の変な語り口です。

騎士団長は「ない」と言うべきところを「あらない」と言います。変な表現です。でも、この表現は文法的におかしいのでしょうか?

「あらない」は「ある」+打ち消しの助動詞「ない」ですから、「ある」を打ち消して「あらない」になるのは至極自然なことです。ただ、この表現に違和感があるのは、わざわざ「あらない」と言わなくても「ない」という一単語で「ある」を打ち消すことができるからです。

つまり、「行く」の反意語は「行かない」、「寝る」の反意語は「寝ない」ですが、「ある」の場合、反意語は「あらない」ではなく通常は単純に「ない」になるということです。ただし、この場合の「ない」は助動詞ではなく、独立語の動詞です。「ある」と「ない」という一対の動詞がそれぞれ「存在」と「不在」の意味を表しているので、わざわざ「ある」の否定形を作る必要がないのです。

では、「ある」を残して打ち消しの助動詞を加えるのはおかしいのかと言えば必ずしもそうではなく、「あらず」であればおかしくも何ともないのです。「ず」=「ない」なのに、どうして「あらず」はおかしくなくて「あらない」はおかしいのかよく分かりません。

「あらず」は現代でも、特に書き言葉としてなら使わないでもない表現ですが、でもやはり基本的には古語です。

では、現代語ではそういうのはないのかと言うと、そんなことあらへん──そう、大阪弁ではフツーに言うのです(笑)

古語では「ず」=「ない」であるように、大阪弁では「へん」=「ない」です。でも、大阪人でもやっぱり「あらない」には違和感を覚えてしまうのは何故でしょう?

「ない」であれば単純に存在しないという状態を述べただけです。そうではなく、相手が「ある」と言っている、あるいは一般的に「ある」と信じられている状態を否定したいのであれば、我々現代人は「ありはしない」などと言います。

似た表現ではありますが「あらない」にはなりません。「あらない」になりはしないのです。

しかし、どうして村上春樹は騎士団長にこのような喋り方をさせたのでしょうか? 古い時代の日本画から抜け出してきた存在だから(と言うか、その姿を借りた「イデア」だから)現代語の使い方がよく解らない、という設定なのでしょうか?

でも、騎士団長にはもうひとつの変な言葉遣いがありました。それは二人称単数を「諸君」と言うことです。主人公の私に騎士団長は「諸君」と呼びかけ、「君たち」と言うべき所で「諸君ら」と言います。

そうなって来るともう古語とか現代語とかいう範疇では説明できない気がします。

ま、いずれにしても、村上春樹の小説を、いや、誰の小説であれ、その枝葉末節にこだわって、変に解釈して説明しようなどという気は私にはあらないのですが(笑)

Copyright©yama-a May.2017mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious