気持ち悪さと読みやすさ

私にはどうも字面を見ると気持ち悪い表現があります。

例えば(これは前にも書きましたが)「さ迷う」という書き方、私はしません。私は平仮名で「さまよう」と書きます。「さ」と「迷う」に分解されているのがなんとなく気持ち悪いのです。

そして、単なる語感の問題ではなく、それよりももっと気持ち悪いのは、こういう表記をすると文節の区切りが分かりにくくなって読みづらいからです。

「世界をさ迷う」などと書いてあると「だからさ、世界をさ、迷うのさ」などと言われているみたいではないですか。

文節の区切りを重視して書くなら「世界を彷徨う」という書き方もあります。これなら確かに分かりやすいのですが、これも私は好きではありません。ほぼ同じ意味の漢語に活用語尾をつけて大和言葉にしてしまうという手法の無理やり感が気持ち悪いのです。

他にもそういう書き方はあります。「はやる」を「流行る」、「うつる」を「感染る」、「ためらう」を「躊躇う」などとする書き方です。

ただ、「はやる」という書き方は語頭の「は」を係助詞の「は」と勘違いする可能性があります。つまり「すぐに」「はやらない」のか「すぐには」「やらない」のか区別がつかない、みたいなことが起こり得るのです。

それを考えるなら、全て平仮名で書くよりも「流行る」と書いたほうが区切りが明確になって読みやすくなることもあるということです。

また、「うつる」には「映る」や「移る」など同音異義語も多いので、「感染る」と書いておけば平仮名で書くよりも読みやすいだけではなく、意味も取りやすくなります。

だから私も、嫌いだとか気持ちが悪いなどと言いながら、これらの表記をそこそこ使っています。ただ、あくまでケース・バイ・ケースです。要はどこまで文節区切りの分かりやすさを重視するかということです。

この文章に於いても、私は元来「大和言葉」よりも「やまと言葉」、「平仮名」よりも「ひらがな」という表記のほうが好きなのですが、読みやすさを考えてここではともに前者の表記を採りました。

同じように読みやすさを重視して、と言うか、読み間違いを防ぐために「はいる」を「這入る」と書く場合があります。今ではほとんど見かけませんが、明治の作家などはよく使っていた表記です。

「入る」に「いる」と「はいる」の両方の読みがあるので、「いる」と区別するためにこんな変な書き方をしているのだと思います。

ただ、「這」という字には「はう」という意味があるので、「這入る」などと言われると「匍匐前進して入場する」と言っているように見えてしまいます。これも何だか気持ちの悪い表現です。

さて、最近の表現では「disる」が断然気持ち悪いと思います。これは英文字と平仮名の活用語尾がくっついているというところが最大の原因で、「ディスる」であれば「サボる」と同じ構造になって、それほどでもないのですが、「disる」は何とも気持ち悪くてムズムズしてしまいます。

英文字が出て来ることによって前の文節との区切りは非常に明確になりますが、逆に「dis」と「る」の分断感が半端なくあって、もはやひとつの単語に見えないのです。

また、そもそも「disる」の dis- は dislike の dis- で、「反」という補助的な意味しかない接頭語だけを残して、実質的な内容を表している like の部分を捨ててしまっているところが省略の仕方として美しくないように思います。

すみません。あまり他人の書きっぷりをディスっても仕方がありませんね(笑)

でも、皆さんはこんな表記についてどう思います? 気持ち悪さと読みやすさのどちらを強く感じますか? みんなの感覚の総体が結局日本語を変えて行くことになるのだと思います。

Copyright©yama-a Jul.2017mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious