マジか!

最近の若い人の感嘆詞はなんでもかんでも「マジか」です。それこそ万能の感嘆詞としてなんでもかんでも「マジか」で済ませてしまおうということのようです。

この「マジ」についてはこれまでにも何度か書きました(最初はこれかな)が、おそらく元々は「君は真面目にそれを言っているのか?」、つまり「嘘でも冗談でもないんだよね?」と相手の真意を確かめる表現であったはずです。

それがいつのまにか話者の意志に左右されない事柄に拡張されて、と言うか、そもそも話者の意志というような問題をすっ飛ばして、語られている事柄そのものの真偽を問う表現になり、その使い方がさらに緩くなって単なる落胆や憤慨、驚愕を、いやそれどころか単なる意外を表す言葉になってしまいました。

「じゃあ、明日一緒に行こうよ」
「え? マジで?」

という使い方が、いつの間にか

「明日は年内最後の燃えるゴミの日だ」
「マジか!」

みたいなことに、つまり相手の真意を推し量るのではなく、事の真偽を問うでもなく、単に軽い驚きの表現になってしまったようです。

先日夫婦でとある駅ビルのエレベータを待っていた所で思いがけずこの表現に出会いました。エレベータ前にいたのは私と妻と、若い女性2人組と、お母さんらしい老婦人を車椅子に乗せた中年男性でした。

エレベータがついて、乗り込もうとした中年男性が車椅子を後ろ向きに入れようとして切り返した時に、女性2人組のうちの背の高いほう、ズボンを履いた女性の足に車椅子の車輪が当たったのでした。

そこで、その女性曰く、「マ・ジ・か!」。素速い「マジかっ」ではなく、少しタメながら「マ・ジ・か!」。

一昔前ならこういう時に若い女性は「やだー」「うそー」「信じらんなーい」などと言ったもんですが、今は「マ・ジ・か!」です。

で、その後が良かった。もう一度全部書くと、

「マ・ジ・か! 白のパンツなんですけど」

って、知らねえよ、黒のパンツか白のパンツかなんて、と言いたいところ。いや、もちろんこの「パンツ」は下着ではなくズボンのことですよ。それにしてもおかしいです。車椅子を押す中年男が真面目か不真面目かという問題とは全く関わりがありません。

言いたいことは解ります。車椅子の車輪が白のパンツの裾を汚したのでしょう。これがパンツではなくスカートだったらそこまでの長さはないから汚れなかっただろうし、白でなくて黒だったら汚れも目立たなかっただろうに…。

「なんてことしてくれて。今日は白いスラックスですのよ」

と昭和初期の山の手のお嬢様ならそんな風に言ったかも。それが、

「マ・ジ・か! 白のパンツなんですけど」

に変成したわけです(笑)

我々夫婦はいつまでもその表現がおかしくて、いまだに何度も何度も反芻しています。どちらかが驚くと必ず「マジか」と言ってみて、そうすると妻が言った場合は僕が、僕が言った場合は妻が「白のパンツなんですけど」と応じて、2人して笑い転げるのです。

車椅子の中年男性は「えー、やだー」とか「何すんのよ」などと言われたなら自分のことだと気づいたかもしれません。残念なことに「マ・ジ・か! 白のパンツなんですけど」では非難に聞こえなかったようで、素知らぬ顔でエレベータに乗り込みました。

事がそこに至って初めて「(これだけ怒っているのに無視して行くなんて)マジか!」と言うのであれば、我々の年代でも納得できます。でも、車輪が当たっていきなりの「マ・ジ・か! 白のパンツなんですけど」はおかしくて仕方がありません。

そう言えばこの間 TBS のドラマ『ごめん、愛してる』の初回を見ていたら、ヒロインの吉岡里帆さんが韓国旅行中にキャリーバッグをひったくられて、「マジか。それ私のバッグなんですけど。泥棒なんですけど」みたいなことを言いながらバイクに乗った犯人を追うシーンがありました。私たち夫婦がそれを見てまた笑ったのも事実です。

でも、ドラマで使われているということは既にそれを聞いて笑わない人が多い証拠です。いつしか「マジか」はきっと標準的な感嘆詞になるでしょう。言葉とはそういうものです。

冷静に考えてみると、我々夫婦が面白がったのも実は「マジか」の部分ではなく(それはそろそろ聞き慣れ始めています)、抗議をするのに「〜なんですけど」などという言い回しを使っていることのほうだったようにも思います。。

これも元々は「ウケるんですけど」(つまり、「あなたの言っていることはチャンチャラおかしい」の意)のような皮肉の表現だったように思うのですが、その分析まで始めてしまうとマジで長文になってしまいますので、今回はここらで終わりにしておきます。

Copyright©yama-a Jul.2017mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious