詰まったあとは濁りにくい?

このエッセイでは外来語の発音についてもよく取り上げてきましたが、調べれば調べるほどいろんなルールや傾向が出てきて、興味は尽きません。

先日目にしたのは、外来語の発音のルールではなく、外来語の発音間違いの傾向でした。それはひと言で表すと「促音の後の濁音の清音化」ということになります。

そう書くと何だか難しいので、例を挙げたほうが分かりやすいでしょう。

私の会社の、営業マン時代の先輩で、自分はどのスポンサーとも「グット・リレーションを築いている」といつも言っている人がいました。言うまでもないですが、グット・リレーションはグッド・リレーションの誤りです。

同じようにグッド・ラックをグットラックと言ってしまう人がいます。

先日 IT 用語辞典みたいな記事を読んでいたら、RTB の蘭に「リアルタイム・ビッティング」と書いてあるのを見つけました。これも 8bit とか 16bit とかの bit ではなく、「入札する」の bid ですから、正解は「リアルタイム・ビッディング」です。

つまり、我々日本人は小さい「っ」があると、その後濁るはずの音を濁らずに言ってしまう傾向があるのだそうです。最たるものはZでしょうか? 皆さん、このアルファベットを「ゼット」と読んではいませんか? 「フェアレディーゼット」とか「ももいろクローバーゼット」とか? でも、正しい発音は zed なのです(ギリシャ語では zeta と濁らないんですけどね)。

ただし、今の日本人の間では、そういう間違いはどんどん減ってきている気はします。多かったのは私の親や祖父母の世代。確かに「グットバイ」とか「二段ベット」とか「ハンドバック」とか「ドラック・ストア」とか言っていました。「神の手」などもうっかりすると「ゴットハンド」になったりします。

そう言えば、iPod が発売になったばかりの頃はアイポットって言ってる人いましたよね。え?そんなこと言ってないよ、という人もポットキャスティングなんて言ってたんじゃないんですか?

また最近会社でも、ビデオ・オン・デマンドの3つの種類である AVOD, SVOD, TVOD をついついエーボット、エスボット、ティーボットと言っている人を見かけます。

これ、なんでこうなるんでしょうか。まあ、ごく当たり前に言えば促音の後の濁音は発音しにくくて、清音化すると発音しやすくなるということですが、もうちょっと何かあるような気がしてなりません。逆に「人間ドック」を「人間ドッグ」なんて言ってる人もいるわけですから。

とは言え、今回はとても詰まる所までは至りませんので、とりあえずこの辺でお茶を濁しておきます。

Copyright©yama-a Aug.2017mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious