私は○年?

年齢、あるいはその年齢の人々を総称する言葉はたくさんあります。若いほうから言えば、幼年、そして少年。もう少し大人になると青年と言われたりもします。

もっと幅広くひっくるめにして、若年などと言われることもあります。

青年は結構範囲の広い単語で、青年実業家などという(最近はあまり聞きませんが)昔よく使われた用語で言えば40歳ぐらいまでは難なく含まれてしまいます。

さすがに青年という表現に抵抗感が出てくると、人は仕方なく中年などと言われるようになります。

若い頃と比べて中年という言葉の響きには情けないものを感じてしまいますが、しかし単語の成り立ちとしては「中くらいの年齢」、つまり、人生の折り返し点ぐらいの感じで胸を張っていれば良いのかもしれません。

同じような年齢を表す言葉に壮年というのもあります。これもあまり最近は耳にしなくなった表現ですが、「壮」は「強い」の意味ですから、やはり中年賛美の類いなのでしょうか。

でも、一方で(もちろん個人差はありますが)いろんな意味で自分の衰えを感じ始める時期でもあるので、自分でそう名乗るとさすがにやや虚勢を張った感じになってしまいます。

で、私の幼年、少年時代には中年の上はもう老年でした。寿命も短かったし仕方がないかもしれませんね。

でも、人間が長生きできるようになり、経験を積んだ人材がそれなりにその能力や役割を求められるようになると、もう少し体の良い表現が必要になって、それで出てきたのが熟年なのではないかと思います。

私の記憶が正しければ、この言葉はどこかの会社か団体が何かのキャンペーンで募集したものだったと思います。確かそのキャンペーンに応募した言葉の中から「熟年」が選ばれたのだと記憶しています。

記憶違いだったらごめんなさい。ただ、いずれにしても「熟年」がある種の唐突感を持って現れた単語だったのは間違いないと思います。

私はその時、「なんかいやな表現だな」と思った記憶があります。語感からして、ジュクジュクして腐りかけた果物みたいなイメージがあります。本当は「熟している」=「食べごろ」のはずなんですが、ひとえに音の響きのなせる技です。

自分がいつの間にかその年齢ゾーンに足を踏み入れてしまった今、改めてその言葉を頭のなかで響かせてみると、やっぱり好きになれない表現です。だいいち「俺は熟しているのだろうか?」と自問して、まともな答えが得られません。

むしろ「熟してるとか熟してないとかいうことじゃないだろう」という感じ。

しかし、それにしても、「熟女」(これもいやな表現ですが、下手すると30歳過ぎからそう呼ばれてしまう惧れのある恐ろしい用語です)という言葉はあっても「熟男」という表現はありません。

思えば動物でも植物でも、実を結び子を産むのは雌と相場が決まっています。男は実を成すことも実が熟することもなく、ただ静かに枯れて行くということなのでしょうか(笑)

変なことを考えている秋の初めの夕暮れです。

Copyright©yama-a Sep.2017mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious