1単語で言えるのかっ!──言葉の差異、文化の差異(3)

言語の違いが文化の違い、と言うか、そこに暮らす人々の感性の違いを表しているように強く思うことがあります。これだけ言葉の構造が違うということは、ものの考え方も違っていて当たり前だ、などと思うわけです。

例えばそれは hot water や「もったいない」みたいな話です。

私は英語では「お湯」を表す単語がなく、2語を連結して hot water と言うしかないということを知った時に大きなショックを受けました。「お湯」が「水」とは別個の単語で表されるのではなく、それは hot な water に過ぎないのだというロジカルさに参ったのでした。

しかし、こんな風に1語で表せないものは、日本語にも英語にも、お互いにたくさんあるのです。

「もったいない」は1語ですが、これがどの外国語においても1対1で対応する訳語がなく、仕方なく、と言うか、むしろその日本語の発想に敬意を表して mottainai という表現が流通したことがありました。ケニアのマータイさんがその立役者でしたね。

逆に外国語を聞いていると1語で訳せない、と言うか、「えっ、それを1語で表せるのか!」と驚く単語に出遭うことがあります。そしてそれはまさに文化の違いなのであり、我々はそこにこそ敬意を表するべきなのではないかと思ったりするわけです。

1語で表せないと言っても、serendipity みたいな単語には驚きません。それはまず合成語であるし、Serendip という名の人物を主人公とする小説の内容が取り込まれているからです。そこには1語で表せない世界が内包されていて当然なのです。

そういう言葉ではなく、私が言っているのは、例えば 動詞 miss みたいな単語です。この単語は私が「それが1単語で言えるのかっ!」と驚いた最初でした。いや、1語で表せることに驚いたと言うよりは、むしろ「〜がいなくて淋しく思う」という和訳の長さに驚いたのでした。

英語では1語なのに何故日本語はこんなに長くなるのか!と。そして、そこに何か文化の違いみたいなものを感じた最初でした。

いや、ひょっとすると、miss が最初ではなく alibi が最初であったかもしれません。

推理小説か探偵ドラマで外来語として知ったのですが、犯罪が起きた時に絶対にそこにいなかったという証拠のことだと聞いて、日本語ではそんな長い語句が英語では(と言っても、元はラテン語ですが)1語であることにびっくりしたのでした。

まあ「不在証明」と言ってしまえばもう少し短くなりますが、それでも alibi が物の名前ではなく状況を1語で表していることが驚きです。

しかも、近現代になってから合成されたのであればともかく、大昔から1語で存在した単語であることに私はものすごく不思議な思いに襲われました。

他にもたくさんあります。私が英語以外は全く分からないこともあって、英語の麗ばかりですが、思いつくままに列挙してみましょう。

まずは frontier。これは単なる「辺境」や「前線」ではありません。「ここから先は足を踏み入れたことがない」という限界のラインなのです。

そして、人が足を踏み入れ、手を下すことによって、このラインは移動することを前提としています。こんな複雑なものを表す日本語はありません。

次に contrail ──「飛行機雲」。他の意味を表す単語を転用したのではありません。「飛行機雲」以外に意味を持たない単語なのです。

この単語は一体いつできたのでしょう!? 飛行機の発明は人間の歴史(あるいは人間の言葉の歴史)の中でごく新しい一部でしょう? それが2音節の短い単語として存在するのです。

あと、limousune もなんかすごいですよね。こんな特殊な車を一語で表せるなんて…。

curator にも驚きました。会社に入ってから、「美術館などで、展示する作品の企画から運用まで全般を請け負う職業」なんてものがあるのかと驚いたのですが、同時にキュレーターの作業を表す1単語の動詞があるということにも西洋文化の深さを感じました。

ただ、調べてみると curator という言葉が先にあって、そこから curate という動詞が派生してきたというのが歴史的事実のようです。が、そうなると逆に動詞よりも先に役割や仕事を持った人を表す単語があったということで、そのことのほうがすごいことかもしれません。

それから、appreciate ──これは今までの例と違って4音節という長い単語なのですが、しかし、それにしても一つの単語で表す内容が深いのです。

I appreciate it. ──この英文の恐らく一番こなれた和訳は「どうもありがとう」でしょう。しかし、appreciate は「感謝する」ではないのです。

私はあなたがやってくれたことをつまらないこととも余計なこととも思っていなくて、正しく評価して深く感謝している。── I appreciate it. はそういうニュアンスなのです。

ここまで英語の例ばかりを続けましたが、念のために言うとこれは英語の優位性を語ろうとしているのではありません。英語では1語で表せないのに日本語では1語で表せるものも、上に書いた「お湯」や「もったいない」みたいにたくさんあります。

私が言いたいのは優位性ではありません。こういうところに、なんか、そこに生きている人たちの環境と発想の違いを感じるのです。

わたしたちはそういう単語を大事にします。ちょうど mottainai や kawaii がそのまま外国で流通するようになったように。

考えてみれば、イニシエーションにしてもルサンチマンにしても、日本語の1単語では言い表せないからこそそのままの形で流通したわけで、本来外来語とはそういうものではなかったかと思うのです。


※ なお、この手のテーマで私は今まで何度も何度も同じような文章を書いています。例として挙げている単語もかなり重複していますが、その書いた時どきで微妙に伝えたい力点が違っていたりするものもあるので、もしご興味があれば過去のものも読んでみてください。

Copyright©yama-a Sep.2017mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious