名前の中の空白

あなたは名前を書く時に姓と名の間を一字空けますか? 私は空けません。それが手書きであってもキーボードで打つ場合でも。

申込書の類には時に「姓と名の間は一字空けてください」と指定している場合があります。そういう時は私ももちろん一字空けます。一字空けなかったがために申し込みが却下されても困りますので。

でも、あくまで自分の意志を貫けるのであれば、一字空ける気はないのです。

何故一字空けさせるのでしょう? それはどこまでが姓でどこからが名かはっきりさせるためでしょう。世の中には「森光一郎」とか「大須磨知子」みたいな切れ目の分かりにくい名前も確かにあります。

切れ目がわからないとどれほどの不便があるのか私にはよく分かりませんが、それでも姓と名の間を一字空けておけば、どこまでが姓でどこからが名かは一目瞭然であることには同意します。

確かに英語だったら姓と名の間が空いています。それに倣ったのだと言うかもしれません。しかし、英語でもフランス語でもスペイン語でも、空いているのは姓と名の間だけではないでしょう? 単語と単語の間は全部空いているのです。

日本語はそういう言語ではありません。区切るのは単語ごとではなく、まとまりをもった意味ごとであり、区切る道具はスペースではなく読点と句点なのです。

だから私は日本語で姓と名の間を空けるのが気持ち悪いのです。なんか、姓と名の間で読みが止まってしまう気がするのです。

それでもまだ手書きであれば、書いた本人がどこまでが姓か分かってほしくて姓と名を幾分離して書く、なんてことは分からないでもありません。

でも、キーボードで打った日本語で、活字が並んだ日本語で(そして特に等幅フォントで)、きっちり一字分空いているのはなんとも気持ちが悪いのです。姓名がスペースを含んでいることに馴染めないのです。

仕事をしていると、そういうのをいろんなリストで見かけます。他人が作った人名入りリストを私が引き継ぐような場合、どうしても気持ち悪くて、姓名の間のスペースを順番に消して行ったりすることも少なくありません。

何をつまらないところにこだわっているのかと言われるかもしれません。でも、やっぱり日本語ってスペースの文化じゃないんですよね。

ただ、私の会社の同僚の中にひとりだけ、句読点の代わりにスペースを用いる変な奴がいます。彼は番組の企画書をそんな様式で書いてきます。私はそれを「一遍の詩」と呼んでいます。

そう、日本語においてスペースで区切るのは詩くらいのものなんですよね。

まあ、書き方は自由ですから、それを止めろとまではもちろん言いません。そんな細かいことをいちいち詰めても仕方ありませんから。

でも、もしお願いできるのであれば、私の名前の真ん中には空疎なスペースを作らずに、そこは詰めて書いてほしいのです。つまらないお願いですみません。

Copyright©yama-a Oct.2017mark

目次へindex 前号へprevious