雨はときどき止む

天気予報の表現を考えると面白い、と言うか、そのことを通じて表現というものの深さ、難しさを実感することがあります。

天気予報の表現も、長い期間で見ると随分変わって来ているように思います。例えば、降水確率が発表されるようになったのは 1980年からです。

当時は「10%って言ってたのに土砂降りの雨が降った!」と怒っているおばさんがいました。まあ、分からないでもありません。10%と言われると小雨、90%と聞くと暴風雨のような印象を持ってしまいがちです。

ただ、「降水確率 10%」の本当の意味は、「降水確率 10%」という予報が 10回出たら、そのうちの1回だけ 1mm 以上の雨が降る、ということです。今はもうみんな慣れて、間違わないようになりましたけどね。

それから、私たちが子供のころには「晴れたりくもったり」という天気予報があったと思うのですが、これは最近とんと聞きません。ありましたよね? どうしてなくなったのでしょう?

「晴れ時々くもり」や「晴れ一時くもり」はあくまで晴れが主、くもりが従で、つまり時間にすれば晴れているほうが長いということを表しています。また、「晴れのちくもり」は前半が晴れ、後半がくもり(前後半の分かれ目がどこかは明示しません)と、時間的な変化を表しています。

それに対して「晴れたりくもったり」はどちらが主とも従とも言えず、時間帯もきっぱり分けられない状態を表しており、実際そういう天気ってあるし、他の表現で代替できないにもかかわらず、何故この文言だけ廃止されたのか(廃止されたんですよね? それとも何かの理由で使用頻度が減ったとか?)不思議でなりません。

もうひとつ、最近不思議に思ったのは「雨ときどき止む」という予報でした。気になったのはその文言の構造が他の予報と異なっているということです。

「雨のちくもり」といった予報は「雨」と「くもり」という空模様を表す名詞と、「のち」という、その2つの天気の関係を表す接続語でできています。ところが、「雨ときどき止む」は天気を表す2つのパートのうちのひとつが動詞なのです。

「雨がときどき止むっつーことは、なんでぇ、ほとんど雨が降ってるってことじゃねえか。まどろっこしいこと言うんじゃねえ」と怒られても仕方がありません。

ただ、よくよく考えてみると、前半部分の「雨」がそのまま後半の「止む」の主語というわけではないようです。でなければ「雨がときどき止む」という、まるで詩のような茫洋とした表現になってしまいます。

恐らくこの表現の意図するところは「雨ときどき雨止む」、もう少し厳密に言うと「雨降りときどき雨止む」ということなのでしょう。つまり「雨」を大前提として「降る」と「止む」という動詞を「ときどき」という接続語で繋いでいます。

そのくどい表現から「ときどき」の前の「降り」と「ときどき」の後の「雨」を省いたのが「雨ときどき止む」なのだと思います。

そこで疑問に思うのは、では雨が止んだ時の天気は何なのか、ということです。

雪でしょうか? いや、「雨が雪に変わった」とは言うけれど、「雨が止んで雪が降った」とは言わないので、雪ではないでしょう。では、晴れなのかくもりなのか?

そのことについてはこの予報は触れないのです。そこが私が一番違和感を覚えるところなのです。

「雨が降るかどうかが天気予報で一番大事なことなんだから、とりあえずそれさえ分かれば事足りるだろう」と言うのでしょうか?

しかし、昨今では紫外線を気にする女性も多いですし、そもそも天気予報自体が桜の開花予想とか花粉情報とか洗濯物指数とか、いろんな方面に「多角化」しているのに、「雨ときどき止む」にだけ潜むこの投げやり感が理解できないのです。

そりゃあ雨はときどき止むでしょうよ。

Copyright©yama-a Nov.2017mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious