燃やす前に考えよう

8年前にここに「ゴミを前に立ち尽くす」という文章を書きました。ゴミをテーマにいろんな表現についての文章で、最初に取り上げたのは役所によるゴミの分類名が「燃えるゴミ」から「燃やすゴミ」に変わってきたことでした。

それはあの文章で私が書いたように、燃えるか燃えないかの判断を市民に任せると揉める恐れがあったからかもしれません。

でも、そのお陰で、と言うか、そういう世の中の流れの中で、市民の考え方や感性が変質してきているような気がしてならないのです。

つまり、「燃えるゴミ」であった時代はこのゴミが燃えるのか燃えないのかを自分で考えて判断しようとしていました。ところが、「燃やすゴミ」の時代になって、私たちは自分で考えずに、市区当局の、ゴミ処理担当者の顔色を伺うようになったように感じるのです。

「燃やすゴミ」という表現は如何にも日本語らしい主語のないものになっていますが、誰が「燃やす」かと言えば、言うまでもなくそれは市区当局、ゴミ処理の担当者が「燃やす」ということに他ならないからです。

悪く言えば、私たちは自分で判断する権限を奪われたのです。

何が「燃えるゴミ」あるいは「燃やすゴミ」なのかはきっちり定義されている、と言われれば確かにその通りです。ゴミの捨て方のチラシには詳細な一覧が掲げられていて、当局も「しつこいですね。当局が燃やさないと言ったら燃やさないんですよ」などと言うわけではありません。

それは行政上曖昧さや抜け落ちがあってはいけないので当然のことです。でも、「燃える」が「燃やす」に変わったことが、お互いの心構えの変化を表しているような気がしてならないのです。

私自身は、最終的には一覧表で確認するにしても、もっと自分で考えさせてほしいと思っています。

例えば、前に住んでいたところでは「燃やさないゴミ」であったものが、引越したら突然「燃やすゴミ」になっていたりします。その不思議について自分でしばし調べたり考えたりしたいと思うのです。

もちろん、市や区が持っている処理施設や機材の関係で、同じゴミでも燃やすしかなかったり、あるいは逆に害なく燃やすことができたり、いろいろなのでしょう。それならそれで、当局の側もそれを市民に広報してほしいと思うのです。

良いことも悪いことも。つまり、我が市ではこんな施設しかないからこんな処理しかできず、それでこのゴミも燃やしている、とか。我が区ではこんな先進的な処理場を作ったのでこういう新しい処理の仕方ができているとか。

それを見ればまた、市民や区民も、ウチももっとちゃんとしたゴミ処理ができるように何か協力できることはないだろうか、などと考えるかもしれません。

そういう主体性を重んじるのであれば、「燃えるゴミ」という表現は必ずしも「燃やすゴミ」に改める必要はなかったのではないかと思うのです。名前はそのままであっても、単に一覧表に明記しておけば済むのですから。

それよりも何が「燃える」のかを考える主体を残しておいてほしいと思うのです。

これこれこういう理由でこういうゴミの集め方、処理の仕方をしています、と教えてくれるほうが、一覧表を配ることよりも、「燃えるゴミ」を「燃やすゴミ」に書き換えることよりも、ずっと役に立つように思うのですが、違うでしょうか。

要するに、私が言いたいのは、それぞれでもっと考えてみませんか?ということ。 考えるって大事なことです。「燃やす」って安易に言ってほしくなかったな、みたいなことを、何度も引っ越しを繰り返す間に強く思うようになりました。

Copyright©yama-a Nov.2017mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious