ステキな工夫

このエッセイでは過去、外来語の発音についてもいろいろ書いてきました。だから今回の内容も過去に書いたものと重複する部分があるかとは思いますが、お許しください。

外来語には音として耳から入ってきたものと綴りとして目から入ってきたものがあります。

例えば、私たちは今「ハワイ」と言っていますが、もしも昔の日本人が先に Hawaii という綴りを目にしていたら、ひょっとしたら今ごろ「ハワイイ」と呼ばれ/書かれていたかもしれないなあ、などと思うのです。

で、中にはこの両者が元々ひとつの単語に共存して表記を異にしたりすることがあります。

例えば watch は通常日本語ではウォッチと書かれます。腕時計の意味です。これは恐らく目から入ってきた外来語です。それとは別にワッチという表記もあります。これが恐らく耳から入ってきた英語、つまり、そういう風に聞こえたということです。

ワッチは航海用語で見張り(台)の意味です。もう少し意味を敷衍して「当直」を表すこともあるようです。多分初めて西洋の船に乗り込んだ日本の侍だか水夫だかの耳には watch がワッチに聞こえたのだと思います(それは正常な耳だと私は思います)。

で、逆に言うと、ウォッチだったら腕時計、ワッチだったら見張りと区別が付くのが面白いな、と私は思うのです。

同じような例で、私たちはどこで学んだのか(多分アメリカの戦争映画かテレビの戦争ドラマだと思うのですが)、電話などで「了解」と言わずに「ラジャー」と言ったりするようになりました。

これは綴りとしては roger なのです。もし、R が大文字だったらどうでしょう? それは男性の名前になって、我々日本人はロジャーと読み書きしています。

こういう2通りの書き方というのは意外にあって、four は通常フォーと書きますが、フォアボールやフォアローゼズはフォアなのです。恐らくこちらが耳からの英語なのでしょう。

フォアボールに関連して言うと、野球でストライクと言えば打ちごろの良いコースに来た球ですが、職場でストライキと言えば「罷業」(今はこちらの言葉のほうが難しくて多分通じませんねw)のことです。

これも strike という1つの単語なのですが、一方はストライク、他方はストライキと書かれて、結果的に区別されているのです。

日本語では子音が単独で使われることは原則としてないので、語末などにある母音を伴わない子音をどう表記するかというのは常に大きな問題です。以前も触れたことがあると思うのですが、これは通常はウ段で表します。

例えば ball ならボール、group ならグループなどと。ただ、k の場合はクにならずにキになるケースが少なくないんですね、このストライキみたいに。

他で言うと、ミルクセーキのセーキ。これはマックシェイクのシェイクと同じ shake なのです。シェがセになっているのでダブルで分かりにくいですが。

もっとすごいのは stick。まずは読みが2通りあって、スティックとステッキ。一般的な棒の場合はスティックですが、それが杖として使われている場合はステッキです。

多分、古い時代に耳から入ってきたのがステッキで、綴りを見て読んだのがスティックなのではないかと思います。

さらに stick には「くっつく」という意味があって、これに -er をつけて「くっつくもの(シール)」にした場合は何故かスティッカーでもステッキアーでもなくステッカーになるんですね。

スティックとステッキとステッカー、この3つが本来同じだったなんてびっくりで、こういうバラバラ加減はちょっとすごいなあと思います。よく1つの綴りからこれだけのバリエーションが生まれるものだと。

でも、これらを単なる不統一と見るか、それとも読みを違えて意味するところを分ける工夫と考えるかで、日本語に対する印象は随分異なってくるでしょうね。

いずれにしても言葉は面白いなあと、そんなことばかりを考えています。この連載も今月で最後ですが、ことばを考えるネタはいつまでも尽きません。

Copyright©yama-a Dec.2017mark

目次へindex 前号へprevious