タクシーにて

タクシーに乗って「信号を右に曲がったところで降ります」と言っている自分に対して、自分で言いながら「この表現はおかしいぞ」と思いました。

まず、信号は右折できません。曲がれるのは信号のある交差点です。「信号のある交差点を右に曲がって」と言うべきなのです。

さらに、もしもこれがコンピュータに対する命令であるとすれば、交差点と言うだけでは不充分です。日本中に信号のある交差点は星の数ほどあるのですから。

もちろん、渋谷を走っていて上野の交差点を曲がれと言うはずがありません。これは今走っている道の先にある交差点で、もっと言えば、信号のある最初の交差点であるはずです。

「交差点」も「最初」もネグられていたわけですが、他にもいろいろ省略されていて、一番正しく言うなら、「このタクシーが信号のある最初の交差点を右に曲がったところで私は降ります」ということになります。

省略されるのは必ずしも日本語特有の現象ではありません。何語であっても、人間同士のコミュニケーションであればここまで言わなくてももちろん適切に忖度されるもんです。逆の言い方をすると、私たちのコミュニケーションは多分に相手の推量に頼っているということです。

ま、それで良いと言えば良いのですが。

ところで、もう一度上の「完全な文」を見てください。若干変な感じではありませんか。これでは何も言わなくてもタクシーが勝手に右折してくれるような感じじゃないですか。

もちろん私が運転手に最初の信号を右折せよと命じるからタクシーは右折するのですが、その命令をする前にタクシーが右折することを前提としています。何故ならば「私がそこで降りる」と言っている限り、タクシーは右折せざるを得ないからです。

なんてことを考えていると、言葉って不思議だなあという感覚は尽きることがありません。私がこのサイトで何年も何年も書き続けてきたのは結局そういうことなのかなあ、と思ったりしています。

これでこのサイトは閉めますが、この気持はずっと続いて行くのでしょうね。また同じようなことを考えたら、今後は単発的にブログのほうに書くことにします。

長らくのご愛読ありがとうございました。

Copyright©yama-a Dec.2017mark

目次へindex 前号へprevious