日本語問題の結末

日本人のミュージシャンたちは、今ではごく普通に日本語で歌っていますが、昔は日本語で歌うことはとてもカッコ悪いことだと思われていました。

それは言葉がリズムに乗りきれないからです。特にロックの人たちはこの点を嫌って、みんな英語で歌ってました。私が小学生くらいの時です。

一方、歌謡曲の世界では、英語では解らないので、「英語曲の歌詞の大部分を日本語に置き換えて部分的に英語を残す」という方法を採っていました(この方法は今に至って、日本のオリジナル曲においても完璧に定着したようです)。

そんな状況の中で、1970年に、はっぴいえんどのドラマー・松本隆が「日本語によるロックの提唱」を発表したのは画期的なことでした。

彼は後に歌謡曲の作詞家に転じ、「木綿のハンカチーフ」や「赤いスイートピー」など数え切れないくらいのヒットを飛ばしたのですが、この頃から卓越した発想を持っていたようです。

それまでのロックの歌詞と言えば、「俺は不良だぜ」とか「お前のことを愛してるぜ」みたいな威勢の良いものばかりだったのですが、彼は自分の詩の中で日本の都市や田舎の風景を描いたり、「女郎花(おみなえし)」「唐紅(からくれない)」「昧爽(あさあけ)」「氷雨(ひさめ)」といった大和言葉を、漢字で表記して使っていました。

これは、日本語が「ロックのリズムに乗らない」という性質を逆手に取った、言わば発想の転換です。 これ自体は大変意表をついたものでしたし、新鮮な感覚を与えてくれたのですが、「日本語をリズムに乗せる」というテーマを解決するものではありませんでした。

はっぴいえんど解散後、メンバーであった大瀧詠一や細野晴臣は、それぞれ似たような方法で、日本語をロックに乗せる試みをしていました。それは長音や促音(っ)・撥音(ん)を含む単語を多用するという方法でした。これはこれでひとつの成功した試みでした。

日本語をロックに乗せるもう一つの方法は、日本語を英語みたいに発音するやり方です。キャロルの矢沢永吉なんかが最初かなあと思います。この方法は今ではあまりに多くの人がやっています。桑田佳祐もその代表格でしょう。
おかげで歌詞カードを見ないと何を言っているのか解らない歌手が増えてしまったのも事実です。

また別の方法は英語のように脚韻や母音韻を踏むというやり方で、これにいち早く取り組んだのはラップ系の人たちではなかったかと思います。ラップではもう当たり前のことになっています。

ラップ以外ではミスター・チルドレンでしょう。彼らが世に出てきたときに、あまりにもしつこい韻の踏みように、「すごい奴らが出てきた」と思ったものです。

もちろん、これらのほかに、最初に述べた「歌詞に英語を入れ込む」という常套的な手段が組合わされます。下手糞な発音だったり、明らかに文法が破綻していたりすると却って興醒めするのですが、それでもこの方法が1番手っ取り早い方法でした。

要するに先人たちは、日本語をロックのリズムに乗せるために、あれやこれやと大変苦労していた訳です。

そこへ宇多田ヒカルが出てきて、所詮日本育ちの「英語かぶれ」たちは顔色なくなってしまったのです。

そう思っているところへ、今度はラブ・サイケデリコです。
これは革命でした。

「英単語を盛り込む」とか「英語風に発音する」とかいう次元は遥かに超越していて、日本語と英語が完全シームレスに繋がって溢れ出し、踊り出し、襲いかかってきます。

「確実に新しい時代に入ってきた」──私のようなオールド・ファンは、そういう感慨を持って、目を瞠りながらデリコに聴き入っています。

ことばはいつかリズムを超えてしまったような気さえします。

Copyright©yama-a Aug.2001mark

目次へ 次作へ 前作へ