狂い咲き投稿生活日記

初めに書いておきますが、今回掲載する原稿は1999年1月に執筆したものです。暫く忘れていたのですが、フロッピーの整理をしていて見つけたのでここに載せることにしました。

私は学生の頃「新譜ジャーナル」というフォーク系の音楽雑誌(いまだにあるんでしょうか?)を講読してました。で、その中の「私の音楽論」というコーナーに時々投稿なんかしてた訳です。常連とまでは行かないまでも、まあ2,3回は掲載されました。確か1回につき原稿料として5,000円送ってもらったと思います。

それから20年近く経ったある日、「日経エンタテインメント」が「歴史に残る名盤」特集を組んで、洋楽・邦楽100枚ずつ(だったかな?)のアルバムを紹介しました。そして、同時に読者からの「私の名盤」の投稿を募集していたのです。

久しぶりに触発された私は、カタカタとキーボードを叩いて原稿を認め、PCから直接FAXで編集部に送りつけました。それが以下の原稿です。

それから何ヶ月か経って「日経エンタ」は再び「私の名盤」の小特集を組みました。
そしてそこに私の原稿が載った訳です。約20年ぶりに味わったささやかな快感でした。

編集部は「さすがベテラン・リスナーらしい含蓄のある選択」みたいなくすぐったいコメントを添えてくれたのですが、その割には部分的にしか掲載されませんでした。また、掲載された人には何か賞品が送られてくるはずだったのですが、住所も電話番号も書かずにFAXしたので、結局何ももらえませんでした。

今日はその雪辱をこめて、以下に全文を掲載したいと思います。

ただし、文中にも書いてあるように、これはあくまで「日経エンタ」選出の100枚から漏れたアルバムを対象に選んだ10傑です。本当なら「日経エンタ」のその号と合せて読んでほしいものです。

ま、いっか。では始まり始まり。

Copyright©yama-a Dec.2001mark


日経エンタテインメント「私の名盤係」御中

洋楽のほうは「なるほど」と唸らせるところがありますが、邦楽はひどいですね。あえて名前は挙げませんが、「なんでこんな奴が!?」という輩まで選ばれています。今回はそういう人たちが選ばれてしまった結果として外されてしまった人たちを10組選んでみました。年齢のせいか古いものが多いです。

はちみつぱい/センチメンタル通り
はっぴいえんどを選んではちみつぱいを選ばないのはどう考えても画竜点睛を欠きます。70年代前半を代表する無国籍ロックの幻の名グループが残した唯一のスタジオ録音盤。ムーンライダースの前身とも言える。
上田正樹と有山淳司/ぼちぼちいこか
「8・8ロック・デー」から一躍スターダムにのし上った上田正樹が関西を代表するバカテク・ギタリスト有山淳司と組んで出した「浪花ブルース」の決定版。この「濃さ」「こてこて」がたまらん。
小坂忠/ほうろう
エイプリル・フールやフォージョーハーフのボーカリストであり、最近はゴスペル・シンガーとして活躍する小坂忠のソロデビュー作品。プロデューサーとして細野晴臣が全面的にバックアップ。1975年。
パンタ&HAL/マラッカ
頭脳警察時代から詞曲ともに飢餓感を描き続けていたパンタが79年に石油危機を正面から取り扱った、日本ロック史を飾る屈指の名盤。プロデューサーはムーンライダースの鈴木慶一。
ムーンライダース/マニア・マニエラ
結成20年を超えたムーンライダースのアルバムからひとつ。まだCDなるものが世に広まっていなかった82年にCDのみでリリースされた。全面的にコンピュータ化を推し進めた「早すぎた傑作」。
あがた森魚/君のことすきなんだ。
あがた森魚といえば、若い人は誰も知らないし、40歳以上なら「赤色エレジー」しか知らないだろう。しかし、彼こそは正しい意味での抒情詩人である。矢野顕子やムーンライダースのサポートを得た名盤。
大江千里/Sloppy Joe
大江千里89年の作品。大村憲司・清水信之との共同プロデュース。詞曲アレンジとも練りに練った感がある。まさに「脂の乗りきっていた」時期の大江千里の最高傑作と言って良いのではなかろうか。
THE VOICE & RHYTHM /It's Only Dance Music
「8・8ロック・デー」から生まれたスーパー・グループにソー・バッド・レビューというバンドがあったが、その発展形とも言えるグループ。石田長生はオールマイティなギタリストである。
pizzicato five /sweet pizzicato five
何でピチカート・ファイヴが選ばれていないのでしょう? あんまり詳しくないのですが、とりあえず自分の持っているものの中から1枚選んでおきました。
ORIGINAL LOVE /ELEVEN GRAFFITI
元ピチカート・ファイヴの田島貴男のユニット。洗練されたサウンドの中に激しさも程よく織り込んだ、所謂「渋谷系」究極の1枚と言える。

なお、現在廃盤のものもあるかもしれませんが、全て一度はCDで発売されたことがあるものです。

(氏名、年齢、職業)


【追記】

後から気づいたのですが、大江千里の Sloppy Joe ってベスト・アルバムなんですよね。これを同列に並べてはいけませんでした。「そりゃあ最高傑作でしょうよ」と自分に突っ込み入れてます。(^_^;)

Copyright©yama-a Jan.1999mark

目次へ 次作へ 前作へ