ギターを売る

長いことギターを弾いていますが、却々巧くなりません。我ながら「なんでこんなに巧くならないのかなあ」と首を傾げるくらいです。

長らく悩んでいたのですが、その原因が結婚して初めて判りました。

私は指が短かったのです。

私の指の長さは妻とほとんど同じでした! 妻は私より20cm近く背が低いのに!

そのことに気づいてギターを弾く気力が一挙に萎えてしまいました。しばらく手つかずで置いてあったのですが、この度ついに売り払う決心をして、Yahoo Auction に出しました。

良いギターです。東海楽器の Cat's Eyes というブランドのハンドメイドの名品です。20年前に、「社会人になって自分でお金を稼げるようになったのだから、少しくらい贅沢しても良いだろう」と大枚10万円をはたいて購入したものです。

アコースティック・ギター通ならば飛びついてくれるかもしれないとは思ったのですが、20年前の中古であるし、手入れが良いなどと言う自信もなかっので、開始価格は3,000円にしました。

ところがどっこい、出品してびっくり。

質問がガンガン来る。
「シリアル・ナンバーを教えてください」とか「弦高を教えてください。1弦と6弦で12フレットでの高さを測ってください」とか「表板の反り具合を測ってください」とか「ボディのトリム(表板の縁飾り)はヘリンボーンですか」等々。

単純な質問だけでなく「それはこのシリーズの最後の作品ですね」とか「そのギターはクラレンス・ホワイト・モデルです」などとついでに薀蓄を述べて行く人もいます。

入札価格のほうも、最初に「早期終了して3万円で売ってくれませんか」というメールをもらったので、「それくらいで売れたらいいなあ」と内心思っていたのですが、なんのなんの、入札に次ぐ入札で価格は鰻のぼり。買ったときの値札を残していて、その写真を掲示していたのが良かったのかもしれませんが、でもまあ、ここまで高く評価されているギターだとは私自身も知りませんでした。

結局、落札価格は68,000円也。買った方は(あくまで私の推測ですが)楽器屋さんのようです。

改めて「私はなんと分不相応なギターを持っていたのだろう」と思います。あのギターにとっては、もっと指の長い人に引き取られてゆくのが幸せというものでしょう。

ところで、売った金でミニ・アコースティック・ギターを買おうかどうか迷っています。ミニ・アコギならフレットとフレットの間隔も少しは短くて(短いですよね?)弾き易いのではないでしょうか?

でも、それでも巧く弾けなければ、原因は指の長さではなかったことを実証してしまうことになってしまいます。
うむ。正念場じゃ。

Copyright©yama-a Feb.2002mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次作へ 前作へ