おっさん達よ、CDショップに行こうじゃないですか

TV番組のインタビューで吉田拓郎がこんなようなことを言ってました。

「『最近いい歌がない』って思うようになったら終わりなんだよね。それは、いい歌がないんじゃなくって、自分の感性が鈍ったってことなんだよ」

一方で、ある雑誌のインタビューで松本隆がこんなようなことを言ってました。

「最近ちゃんと勉強しないまま変な作曲をしている奴が多い。無理な転調とかが多くて、『そのコードからそんなコードには飛んで行けないんだよ』って言いたくなる」

この相反する2つの意見、私はどちらも真実であると感じています。

確かに、私たちが若い頃に歌を作っていた基準からすれば、まことに違和感のある曲が増えているのも事実です。しかし、それは今の歌が全てつまらないという訳ではないはずです。と言うか、幸いにして、私にとっては今の歌が全てつまらないというところまでは来ていません。

かつて私はこのコラムで「私は、CDショップに行くと、視聴スポットを渡り歩いて何時間も過ごすことがあります」と書きました。それは、そうすることによって、確実に「いい歌」と巡りあえるからなのです。

CDショップで過ごしていると、店内で流れてきた曲を聴いて、「この曲は一体何なんだろう!? 誰が歌ってるんだろう!?」と大いにうろたえてしまうことがあります。カウンターまで走って行って、どこかに今流れている曲のアルバム名が表示されていないか確認したり、聞き取った歌詞から題名を推測して、アルバム・ジャケットと見比べて「やった!これだ」と小躍りしてみたり・・・。

あるいは、ふと気になって視聴してみて、「おう!こいつはスゲエ!買いだ、買い」とCDをつかんでカウンターまで一直線とか・・・。それはそれはエキサイティングな時間なのです。

UA も、PUSHIM も、三木道三も、デリコも、KICK THE CAN CREW も、みんなそんな風にして買ったのです。

それで最近またそんな風にして椎名林檎の「唄ひ手冥利」を買ってしまいました。

私は椎名林檎についてはかなり評価していました。でも、私にとって彼女は、「評価はしていてもまず買うことはない」アーティストでした(年をとってくるとそういうことが多くなります)。

ところが先日、実は全く別のCDを買いに行った時に、突然 "starting over" が流れてきたのです。
もちろんこれがジョン・レノンの曲であることは知っていました。

「誰だ!これは?」――私は思わず周囲を見回してしまいました。日本人の女性であることは確かです。店がかけているということは新着の作品であるはずです。店内に散在するPOPや平積みのコーナーを見渡して、「そうだ、椎名林檎だ。彼女は最近カバーもののアルバムを出したはずだ」と手に取ってみて、「やっぱり!」で買い成立。

こういう快感があるのです。
おっさん達よ、もっともっとCDショップに通おうじゃありませんか!

近年CDの売上高はどんどん落ちています。それには複製技術の進歩ということもあるけれど、新人の発掘の仕方とか、宣伝費のかけ方とか宣伝の仕方とか、それこそマーケティング全体について、メジャーレーベルの会社には大いに反省してもらわなければならない点があります。

でも、そのことは措くとしても、私たちおっさんが評価すべきものはちゃんと評価してやって、ちゃんとそこにお金を落としてやることが、まず音楽業界改革の第一歩ではないかという気がするのです。

Copyright©yama-a Jun.2002mark

目次へ 次作へ 前作へ