捨てたもんじゃない

このところミュージック・シーンはリバイバル/カバー・バージョン・ブームです。 そう言えば私が一番最近買ったアルバムもカバー・アルバムでした。

カバー・バージョン、トリビュート・アルバム、コンピレーション、ベスト盤、復刻盤――そんなものばかりがヒットして、新作のヒットが減ってきているのは新しい曲に魅力がないからだ、という分析があります。しかし、それはどうでしょう、ちょっと捻じ曲がったものの見方ではないでしょうか?

リバイバルやカバーが増えてきているのは何もヒットチャートだけではありません。TVのCMに使われる音楽も1970年代・80年代のヒット曲が多くなってきています。

それは、70年代・80年代に少年期を過ごした世代が、今やCM業界の中核を担うプランナーやディレクターの地位に就いたということの表れであると言われます。彼らは自分たちの好きな曲を使った――それがたまたま昔の曲であった、という考え方もできます。

昔の曲であれ新しい曲であれ、単純に良いものが評価されているのだとすれば、それは素晴らしいことだと私は思うのです。

カール・マルクスは商品の販売過程のことを「商品の命がけの飛躍」と呼びました。
実際に売ってみないことには売れるかどうか全く判らないということです。

売ってみて、思うように売れなければ、レコード会社は赤字になります。それで彼らは売れるものだけを売ることにしたのです。「マーケティング」という手法を使えば何が売れるのかを前もって知ることができると、彼らは真剣に信じているようです。

しかし、マーケティングで判るのは「売れそうなもの」でしかありません。そこで彼らは「あまり売れそうにないもの」を排除して、「売れそうなもの」だけで勝負することに決めたのです。宣伝費というモルヒネを大量投与しながら…。

その結果何が起こったかと言えば、音楽の傾向はどんどん共通化し、幅の狭いものになってしまいました。CDショップには特定のアーティストの作品ばかりが並び、新譜は広大なスペースを占めて平積みになり、それを巨大なPOP広告が取り囲んでいます。

そういう現象がはびこってくると、今まで時々しかCDを買わなかった人は、もはや滅多にCDを買わない人になってしまいました。何故なら彼らの買いたいCDを置いておくスペースは、もうCDショップに残されていないのだから…。

そうやって、CD業界は縮小再生産を繰り返して行くことになったのです。

CMに昔のヒット曲を使ったCMプランナー/ディレクターは、実はそういう層の取り込みを狙ったのであって、単に自分がその曲を好きだったというだけのことではないでしょう。

しかし、それが呼び水になって、オールド・ファンが再び音楽に目覚めることがあるとすれば、それは大変良い傾向であると思います。

だからこそ、おっさん達よ、もっともっとCDショップに通おうじゃありませんか!

売る側ではなく、実際に演っているミュージシャンたちは実にこだわりなく、古い曲も取り上げています。レコード会社の人たちは「売れる曲」探しに必死になっていますが、アーティストのほうは単に「良い曲」を求めているのです。

でなければ、朱里エイコの「白い小鳩」(「唄ひ手冥利〜其の壱」で椎名林檎が取り上げている)なんて、もう一度レコーディングされるはずがなかったのです。はっぴいえんどのトリビュート・アルバムなんて、企画されるはずがなかったのです。「ビューティフル・ソングズ」というライブのために、鈴木慶一・矢野顕子・大貫妙子・宮沢和史・奥田民生の5人が結集することもなかったのです。

捨てたもんじゃありません。

CDショップの片隅には、まだあなたの聴きたいスペースがあるのです。だからこそ、おっさん達よ、もっともっとCDショップに通おうじゃありませんか!

Copyright©yama-a Jun.2002mark

目次へ 次作へ 前作へ