僕の音楽鑑賞遍歴、その周辺

今回は Profile の欄に乗っけたほうが良い記事かも知れません。

このエッセイの初回で、「1970年以降、私がどのような形でミュージック・シーンに関与して行ったかということについては別の機会に書く」と約束したので(ったって、勝手に言い放っただけなので誰もそんなもの読みたいと思っていないでしょうが、まあ、ひとつのけじめなので)、今回整理しながら書いてみようと思います。

私が初めて買ったレコードは、シングルはメッセンジャーズの「気になる女の子」、アルバムは「バングラデッシュのコンサート」でした。

前者は知らない人が多いでしょう。米国でも日本でも大したヒットにはなりませんでした(が、私は嵌ってしまいました)。

後者は、バングラデッシュ救済をテーマにジョージ・ハリスンが呼びかけて行われたチャリティ・コンサートでした。ジョン・レノンは参加を表明しながら結局何かの都合で来られませんでしたが、リンゴ・スター、エリック・クラプトン、レオン・ラッセル、ボブ・ディラン、ビリー・プレストンなど錚々たるメンバーが参加しました。

私はこのレコードでレオン・ラッセルを知って、以降何枚か彼のアルバムを買うことになります。

その年に解散したビートルズについては、友人の勧めで「アビー・ロード」と「ラバー・ソウル」を買ったものの、それほどのめり込むには至りませんでした。一方、ローリング・ストーンズについては最初に買ったのは2枚組のコンピレーションでした。私はストーンズのスタジオ録音のオリジナルアルバムはほとんど持っていないのですが、ライブ盤やベスト盤を中心に、彼らの曲はいまだによく聞いています。

1970年代初頭はハード・ロックの時代でしたが、どちらかというとあまりストレートなものに反応しない私が最初に嵌ったのはマーク・ボラン(T.Rex)でした。グラムロック(最近で言う「ビジュアル系」でしょうか)と言われるジャンルでした。

友だちからは「ボランのギターは5流」と揶揄されましたが、声の魅力、楽曲の素晴らしさ、そして何よりも詞の切れ味に魂を揺さぶられる思いがしました。当時詩人としてのマーク・ボランは明らかに過小評価されていました。アルバムは7作か8作買ったと思います。

次に嵌ったのはプログレッシブ・ロックのイエスでした。それから繰り返し繰り返し、今に至るまで本当によく聴いています。一番のお気に入りは「こわれもの」です。
他のプログレのグループでは PFM やフォーカスが好きでした。

そして、以前他の欄にも書いたのですが、この時期に私は「日本への回帰」を経験しています。そこで出会ったのが日本のフォークです。

フォークの中でも吉田拓郎でした。吉田拓郎は私の青春そのものでした。アルバムは何枚持っていたか判りません。私が作詞作曲を始めたのも多分拓郎の影響と言って良いのでしょう。
一方私のギターの師匠は中川イサトでした。

全然タイプは違いますが、私にとってのもうひとりのヒーローは豊田勇造でした(って、誰も知らんか)。自主制作のレコードを買い漁るだけでなく、ライブにも何度か通いました。
吉祥寺の「曼荼羅」で、CD発売されていない曲なのに観客全員の大合唱になった(もちろん私も歌ってました)のには驚きました。

日本で出会ったロックではムーンライダーズです。前身のはちみつぱい時代から、ほとんど全作品を買っていまだに聴き続けています。ヒットがまるでない(のに30年も続いている)のが、私のようなファンには嬉しい気がします。アルバムごとにかなり曲想が違うので、同じグループの作品とは思えません。

あと何枚も買い続けた人では佐野元春。

そして、海外ではシンディ・ローパー。
シンディが初来日した時に「オールナイト・フジ」に生出演して、歌いながら馬鹿な女子大生たちと踊り狂った姿を見て、私は完全にノックアウトを食いました。来日コンサートにも行きました。シンディは私の命でした。
シンディに忠誠を立てるため、私は自分にマドンナのCDを買うことを禁じたほどです。

目立つところでそんなもんですかね。
アルバムを2枚か3枚持っているというレベルの「枝葉」を切ってしまっているので、随分バラバラなような気がしますが、全部並べてみたとしても実際のところバラバラです。

そういうバラバラの刺激を受けながら、人間は1つの有機体として育って行くものではないでしょうか?

Copyright©yama-a Aug.2002mark

目次へ 次作へ 前作へ