夫婦の融和とユーミン

最近暇を見ては手持ちのテープをMDに落とす作業をしています。

私がCD(昔ならレコード)を買う時の基準としては、もちろん好きかどうかということもありますが、自分が買っておかなければいずれ廃盤になって聴けなくなるのではないかという心配も大きな要素です。

だから、どうしてもヒット曲は後回し、マイナーなマニアックなものが優先となります。その結果、「ヒットしたのに(!?)持っておきたい」作品は、借りてきてテープに落とすことが多かった訳です。

それで、主にそういうテープを今度はMDにダビングしているのですが、悲しいのはテープが伸びたりして聴くに耐えない代物になっているケースが意外に少なくないということです。

ショックだったのは松任谷由実の「流線型'80」。これ、ユーミンのアルバムの中で一番好きだったのに、久しぶりにテープを聴くと頭の部分で1秒くらい音が揺らいでいるんです。で、これだけはどうしても諦めきれずにCDに買い換えることにしました。

世の中には音楽の趣味が合わない夫婦が少なくないようです。うちもそうで、私自身も妻の不在時によくCDをかけます。会社の同僚に聞いてみてもそういうことは非常によくあるみたいで、中には音楽を聴くために独りで車を出してカーステレオをかけているという人もいました。

ところが、「流線型'80」のCDを買ってきてかけた瞬間から、妻は一緒に歌っています。実は彼女もこれをテープで持っていたらしいのですが、結婚の時に(ダブっているので)捨てたらしいのです。

クレジットを見なくても聴いた瞬間から山下達郎だと判るコーラスアレンジ。松任谷正隆がボブ・ジェームスを意識したと言われているアレンジ。村岡健、数原晋、羽鳥幸次、ジェイク・コンセプシオンなど、この時代誰のアルバムにも登場していたホーン・セクションの面々。鈴木茂と思われるイケてないギター・ソロ(鈴木茂に熱狂的なファンがいるのは知っていますが、私はどうしても好きになれません)。ユーミンと来生たかおというヘタウマの組合せによるデュオ。

「埠頭を渡る風」における「もうそれ以上」以下の掟破りの同一フレーズ完全3回繰り返し(同じフレーズの繰り返しは2回までで、3回目の途中からメロディを変えるのが定石ですが、ここでは完全に3回繰り返して4回目の途中から変えています)。そして、この部分をはじめ、いたるところに挿入されている下降ラインのクリシェ。

このアルバムには新しいものと定番が見事に組み合わさって流麗なメロディを支えています。

妻は全ての曲順とほとんどの歌詞を暗記してました(それどころか、イントロが始まる前からちゃんとキーまで解ってて、始まる前に歌い出してました)。「何度聴いても歌は下手ね」と言いながら楽しそうにハモッたりしています。1枚のアルバムの中で、私と彼女の好きな曲は見事に別れているのですが、それでもやはり2人とも大好きなアルバムなのです。

これはやっぱり旧き良きニューミュージックの大御所の力です。クラシックの良さなんです。

もう50歳近くになっても、ヴァージン・メガストアではJ・ポップ・クラシックスの棚ではなくちゃんとJ・ポップの棚に並べられているユーミン。

そして、ユーミンのおかげで、いや、松任谷夫妻のおかげで、久しぶりに音楽を介しての夫婦融和を実現でき、ほのぼのとした我が家でした。

Copyright©yama-a Dec.2002mark

目次へ 次作へ 前作へ