ラップの15年

以前「ラップの始祖」というエッセイを書いた時に書き残したことを書こうと思うのですが、少し書きにくい気がします。日本でラップが隆盛を極める中、私はラップに詳しいとはとても言えないからです。

私はラップというものに対して広い知識も深い造詣もありません。ただ、何人か好きなアーティストがいて、何枚かCDを持っているというだけです。ただ、日本語のラップの成長期を見守ってきた者として、やっぱり少しだけ書いておくことにします。

1980年代の後半から、全米ヒットチャートにおいてラップの占める割合が目に見えて高くなってきました。私は全然面白くありませんでした。「こんなもの音楽じゃない」とさえ思いました。

言葉が解らない日本人には、英語のラップの面白さが伝わるはずがありません。私と同じように、この時期に洋楽への興味が失せた人も多かったのではないでしょうか。この頃から日本で洋楽が売れなくなってきました。「ベストヒットUSA」が終わってしまったのも、(ブリヂストンが提供を降りたということが一番大きな理由であったにせよ)洋楽がラップ中心になってしまった影響ではないかと考えています。

一方でラップを日本語に取り入れた人たちもいました。以前書いたように、例えばいとうせいこうは1986年頃からラップの作品を発表し始めていました。でも、いとうせいこうの場合は音楽というより研究という感じが強く、言ってみれば明治の初期に坪内逍遥がシェイクスピアを翻訳したようなものでした。

ラップとは全然違う世界に、スネークマンショーの「咲坂と桃内のごきげんいかがワン・ツゥ・スリー」がありました。あのわざとたどたどしく発音されたカタカナ英語を聴きながら、「でも、聴いてるとなんか不思議にノッてくる」と友だちと話していた記憶があるのですが、実はあの乗りがラップに通じる乗りだったと気づいたのはずっと後になってからのことでした。

私が「日本語のラップ」と意識して聴いたものの中で一番最初に惚れ込んだのはスチャダラパーの「スチャダラ大作戦」(1990年)でした。インディーズ・アルバムです(インディーズという言い方もまだちゃんと定着してませんでした)。

ラジオで聞いていっぺんに気に入って買ったのですが、それは必ずしもいきなり純粋にラップに嵌ったということではなく、例えば大瀧詠一にも通ずる「クレイジーキャッツの再評価」であり、インディーズなのに小泉今日子が友情出演している(と言ってもほんの一瞬)というようなことに惹かれた部分も大きかったのです。

でも、実際に買ってきて聴いてみて、日本語をラップに乗せることの面白さを、確かに充分に満喫できました。

それから1994年の East End × Yuri の一連のヒット曲がありました。でも、私は吉本興業チームが彼らをパロディにした West End × Yuki のほうがお気に入りでした。East End × Yuri の「DA.YO.NE.」がミリオンセラーを記録したのと同じ年に、スチャダラパーfeaturing小沢健二の「今夜はブギー・バック」もオリコン・ヒットチャート入りしました。この年を日本のヒップホップ元年と捉える人もあるようです。

その後、ヒット曲という面では少し途絶えた感もあったかもしれませんが、ラップ人口という点では着実に増加の一途をたどりました。世紀末にはドラゴンアッシュがブレイクし、21世紀に入ってからは多くのアーティストの多くのヒット曲が続き、今ではヒップホップ系のみならず、もうちょっとR&Bっぽい人から正調レゲエ系まで、非常にバラエティ豊かな状況が作り出されています。

East End × Yuri はNHK「紅白歌合戦」に出場しました。そして、去年 KICK THE CAN CREW がやはり「紅白」に出ました(見なかったけど)。

私は KICK THE CAN CREW を初めて聴いた時、日本のラップの完成形が現れたという気がしました。少年隊が出てきた時に、「とうとうジャニーズ事務所の完成形ができてしまった。これからジャニーズ事務所はどうするんだろう?」と心配になったのと同じです(ジャニーズ事務所はその後、ローラースケートを履いて歌うという新手を繰り出してきましたが・・・)。

詞のインパクトが音楽に追いつかなかったかつてのヒップホップではなく、言葉遊びとしては面白くても音楽としてはつまらなかった実験的ラップでもなく、言葉の斬れ味、韻の押え方、詞全体としてのパワー、そして音楽としての調和(ノリとリズムだけではなくメロディ/ハーモニーの美しさも含む)、どれを取っても KICK THE CAN CREW は卓越しているように思います。

日本語のラップなんて無理だと思ってました。それは、演じるほうだけではなく聴くほうの問題でもありました。
それがここまで来るとは驚きです。

でも、考えてみたら、ここまでたどり着くのに15年以上の月日を費やしているのです。
月日は音楽を育て、人を巣立たせました。

Copyright©yama-a Feb.2003mark

目次へ 次作へ 前作へ