good old music

定年で会社を辞めたM氏が、カントリーのライブに出ると言うので見に行きました。

M氏はペダル・スティールを弾いてました。
ペダル・スティールという楽器がどんな音がする楽器なのか私はよく知っています。カントリーのレコードで知ったのではありません。幻のロックバンド「はちみつぱい」のメンバーに駒沢裕城というペダル・スティールの名手がいたから知っているのです。

ただ、ペダル・スティールを目の当たりにするのは初めてでした。弦が10本も張ってあるとか、Emaj9のオープン・チューニングになっていることとか、ペダルがあんなにたくさんあって、ペダルを踏んで弦を引っ張って音を上げるのみならず、逆にペダルを押し上げて弦を緩めるというテクニックがあるとか、そのほかにも膝で押しやる棒(あれはなんと言うもので、どんな働きをしているのでしょう?)があったり、そういうことを休憩時間にM氏に聞いて初めて知りました。

カントリー・ミュージックについては私は門外漢です。ハンク・ウィリアムズの名前は知っていてもちゃんと聴いたことがない。演目を見ても「ジャンバラヤ」と「テネシー・ワルツ」くらいしか分からない。にもかかわらず私が誘われたのは、私とM氏の間に音楽的な接点があったからです。

もう何年前だったか忘れてしまいましたが、私はM氏がカントリー・ミュージック好きだと知って、ニッティ・グリッティ・ダート・バンド(NGDB)の「永遠の絆」というアルバムを紹介しました。これはNGDBがカントリーやブルーグラスの大御所と一堂に会してライブ録音した、スタンダード・カントリーのコンピレーションです。

言わば、ロックのほうから流れてきた私と、カントリーを辿ってきたM氏がここで合流した訳です。それから私とM氏の音楽的な交流が始まりました。

昔からよくカントリーは日本の民謡に、ブルースは日本の演歌に例えられますが、決定的に違うのは、アメリカにおけるカントリーは日本における民謡なんかよりはるかにメジャーであるし、ブルースは演歌なんぞよりはるかに変化に富んでいるということでしょう。

日本における民謡の孤立、演歌の停滞を考えれば、アメリカにおいて如何にカントリーやブルースが生き延びて発展し続けているかが解るはずです。

フォークとロックとカントリーは互いに繋がっています。ブルースはそれらに重なって来ています。アメリカン・ミュージックが楽しいのはこういう数珠繋ぎ現象によるのではないでしょうか。

当日のライブの客は、大部分が学生時代にM氏と一緒にカントリーのバンドを組んでいたような人たちばかりで、私のような年代の客は少し浮いていました。しかし、そんなところに入って行ってもちゃんと楽しんで聴けるのは、上で述べたような、アメリカン・ミュージックの連続性によるのではないでしょうか。

旧き良き音楽を聴きながら、ジャンル相互の連関に思いを馳せる夕べでした。

Copyright©ama-a Feb.2003mark

目次へ 次作へ 前作へ