音楽における共有関係

私が「ミュージック・シーンに登場」してからかれこれ30年以上が過ぎました。

私が初めて買ったレコード(そう、当時はアナログ盤のレコードでした)は、私より10歳ぐらい年長のミュージシャンのものでした。そして最近私が買うCDのアーティストは下手すると私より20歳以上若かったりします。依然として私より10歳以上の人たちのCDを買うこともあるので、考えてみれば今私が聴いいているミュージシャンには30歳、いやひょっとすると40歳の幅がある訳で、これはすごいことだと思います。

言うまでもありませんが、私が「すごい」のではありません。「古かろうが新しかろうが、ちゃんと良いものを聴き分ける能力が私にはある」などと言いたいのではありません。能力があるのはミュージシャンたちのほうで、私は聴かされているに過ぎません。私は聴衆の1人として、数多くのアーティストに共有されている訳です。驚くべきことに、ローリング・ストーンズみたいなイギリス出身のじいさんたちにも、HYみたいな沖縄出身の若者たちにも、同じように1人の聴衆として共有されているのです。

そして、共有されることの積み重ねで、私のミュージック・シーンが形成されて行くのです。

そこでは新しいものも古いものもごちゃ混ぜになっています。ただし、それは新しいミュージシャンと古いミュージシャンが混在するという意味ではありません。一人一人のミュージシャンの中に新しい要素と古い要素が混在していて、そしてそれを感じることができるのが、私の聴衆としての歴史に他なりません。

(例を挙げれば、先日HYのアルバム買ってきたんですけど、詞やボーカルはともかく、バックで鳴っている音は意外に、しかも途轍もなく古かったりしますね。聴いていて思わず声を上げて笑ってしまった箇所があったほどです。こういうのは妙に嬉しいです。)

そして、そういう共有関係の中で、カバー・バージョンというものが成り立つような気がします。新しいミュージシャンによる古い作品の復活──もちろん、メイン・ターゲットとして設定されているのは、オリジナルを知らない若い世代であるのかもしれません。しかし、1回耳にしてしまうと、オリジナルを知っているおじさんたちもついつい買ってしまうんですね、新しい要素と古い要素の混在が面白くて。

あるいは、カバーのほうにはそれほど感じなくて、ふいにオリジナルのほうが懐かしくなって旧譜を捜しまわる羽目になったりもします。これもやはり共有です。──1つの曲によって聴衆が共有される。

そういう風に共有関係に巻き込まれてしまう聴衆がいるからこそ、音楽は巨大なマーケットとして成立し、かつ成長して行けるのではないでしょうか。

私は無類のカバー好きで、私のCDラックにはたくさんのカバー曲が収まっています。

そういうものを聴きながら、あるいはそういう曲のオリジナル・バージョンを聴きながら、私は他の聴衆たちと何かを共有しているような気になっていたのですが、考えてみれば、私たちが作品やアーティストを共有しているのではなく、私たちのほうが逆に歌手や作品に共有されているのではないかと気がついて、こんな文章を書いてみた次第です。

どうですか? 「共有されている」という感じのほうが音楽の広がりを表わしているとは思いませんか?

Copyright©yama-a May.2003mark

目次へ 次作へ 前作へ